新着記事

Global Piezoelectric Actuators Market

発表:
Military Market Reports

Piezoelectric actuators are electromechanical motors that convert electrical energy into mechanical stress or displacement using the piezoelectric effect. Piezoelectric actuators are known for their precise movement control and hence, are highly used for finely adjusting mirrors, lenses, machining tools and in other equipment. Aerotech named a major participant in the field.

完全な記事を閲覧»

'Diamonds Are Forever,' And Made By Machine

発表:
The New York Times

Although they've been around since the 1950s, man-made diamonds were relegated to industrial uses. De Beers scientists at Element Six Innovation are now prepared to enter a new and lucrative market for man-made diamonds by producing synthetic jewelry stones.

完全な記事を閲覧»

Bioprinting Market - Growth and Demand

発表:
Medical Market Devices

The global 3D bioprinting market was valued at $98.6 million in 2015, and it is expected to grow at a CAGR of 35.9% during 2016 - 2022. The growth of the global market is largely driven by increasing large demand of tissues and organs for transplantation and the innovations and advancements in technology for 3D bioprinting. A large number of people across the globe are waiting for organ or tissue transplant, due to the huge gap in demand for organs transplant and donors. This has created huge traction in the 3D printing industry for developing live tissues and organs.

完全な記事を閲覧»

光学アライメントの最大化

発表:
Photonics Spectra

シリアル位置決めアーキテクチャは従来のものにはなかった非常に正確なアライメント精度を提供しますが、空間的な制約が存在する場合は、パラレルキネマティック設計が要件に合います。

完全な記事を閲覧»

Manufacturing Challenges in Laser Cutting OLED Displays

発表:
Industrial Lasers

As everyone who is interested in display technology is aware, the switch over from liquid-crystal display (LCD) technology to organic light-emitting diode (OLED) displays has begun in the handheld electronics market. However, with technology change and consumer benefit come challenges in manufacturing. As with all production processes, OLED display manufacturers are concerned with yield and production rate. Demand is surging, and the end markets that OLED displays supply are time-sensitive and high-pressure. Some of the major manufacturing challenges related to OLED display fabrication stem from the need for individual component displays to be cut out by a laser. These challenges all come down to three things: displays are getting bigger, they need to be cut very fast because they are too expensive, and most importantly, the materials used to make them are extremely sensitive to process parameters and difficult to cut with quality.

完全な記事を閲覧»

多軸ステージとテーブル: 製造業者の関与とソフトウェアによるターンキーモーションシステム

発表:
デザインワールド - リニアモーションのヒント

ステージやテーブル、ガントリ、インデックステーブルのシンプルさやターンキー操作への要求が高まっています。専門知識と抽出に焦点を当てようとする業界の動きがあることが主な理由です。

完全な記事を閲覧»

精密走査システムにおける熱の影響の管理方法

発表:
Industrial Laser Solutions

一般的な精密工学の原理によれば、モーションコントロールアプリケーションの成功を保証するためには、多くの重要な設計の詳細に注意を払うことが要求されます。 たとえば、機械加工や組立のベストプラクティスは、高性能システムを生産する最良の機会を提供し、安定した作業環境を維持するために特別な注意が払われなければなりません。 具体的には、熱の影響を管理し、緩和することが最も重要です。

完全な記事を閲覧»

強化された薬物容量と疲労寿命を有する菱形チャンネルステント

発表:
MDPI Open Access Journals

薬物溶出ステントは、長期に渡る投薬と疲労寿命の向上を目的として、菱形の薬剤リザーバを備えています。 ステントストラット上の独特の菱形形状のリザーバまたはチャンネルは、他の重要な臨床的特性を損なうことなく、薬物の全容量を増加させ、より長い疲労寿命のための応力分布を改善します。

完全な記事を閲覧»

真に優れたアクチュエータをプリント

発表:
ChemEurope

1つの技術が、機械的工作に磁場を利用しています。 そして、もう1つ別の技術が、3Dプリント材料の磁気特性を向上させます。 これらを組み合わせることで、センサー、ロボット、機械装置から発電までのすべてに使用される磁気アクチュエータの効率的かつ経済的な生産につながる可能性が期待できます。

完全な記事を閲覧»

大きく成長するモーションコントロール市場

発表:
オープンPR

モーションコントロール市場は、高レベルの自動装置、工作機械、高度な医療装置、センサーなどを活用することで大きな成長を見せています。 近年、従来の大型産業に端を発して装置産業が台頭し始めており、モーションコントロールアプリケーションセグメントで幅広い開発が行われています。 モーションコントロールシステムは、あらゆる自動化された装置の中核部分を成しています。 オートメーションとモーションコントロール製品を組み合わせることにより、高い柔軟性と品質に優れた製品を実現可能になりました。

完全な記事を閲覧»

2018年「Engineers' Choice」賞

発表:
Control Engineering

Aerotech製品はコントロールエンジニアリングにおける2018年「Engineers' Choice」賞のファイナリストに再度選択される栄誉を受けました。 当社のQNP3シリーズXYZピエゾ位置決めステージは、コンパクトな3自由度(DoF)パッケージでサブナノメートル分解能、高ダイナミックス、優れた幾何学性能を兼ね備えています。

完全な記事を閲覧»

スピンコーティング中のPTB7薄膜微細構造進化におけるGIWAXSを用いた溶媒および添加剤の現場分析

発表:
新素材

ポリマー太陽電池(PSC)および薄膜トランジスタ (TFT)の研究は、基礎 科学の進歩と、溶液プロセス(例えば、スピンコーティング、ブレード コーティング、印刷など)による 製造から得られる大幅なコスト削減の両方が動機づけとなっています。

完全な記事を閲覧»

Aerotechは従業員の財政面での福利に重点を置きます

発表:
ピッツバーグポストガゼット

多くの雇用主が財政面での福利に焦点を当て始めています。 健康保険や生命保険のような基本的な従業員福利厚生に加えて、企業が主催する金融ウェルネスプログラムは、より多くの労働者が個人的な財務上の課題を克服し、借金を減らして退職に備えることを支援しています。

完全な記事を閲覧»

特許出願中の平行キネマティックデザインによる比類ない幾何学的特性

発表:
Commercial Micro Manufacturing

QNP3シリーズのXYZ平行キネマティック、ピエゾ位置決めステージは、コンパクトな3自由度(DoF)パッケージにサブナノメートル分解能、高力学、優れた幾何学的特性を持ち合わせています。 また、QNP3-100-XYAZピエゾステージは、最大閉ループ移動量100 µm x 100 µm x 10 µm(最大開ループ移動量120 µm x 120 µm x 12 µm)、40 mm x 40 mmクリアアパーチャを備えています。 このデザインは、光学および走査プローブ顕微鏡検査、または、3 DoF操作でパーツへの両面アクセスを必要とする検査/製造用途に理想的です。

完全な記事を閲覧»

空軍研究所が3D印刷による太陽電池を作成

発表:
3dprintingindustry.com

空軍研究所(AFRL)は、3D印刷による太陽電池の研究について発表しました。 空軍研究所は、Optomecのエアロゾルジェット技術を使用して太陽エネルギーを利用するためのより効率的な生産プロセスを開発するつもりです。 Optomecは現在、エアロゾルジェット製品ラインでAerotechステージを使用しています。

完全な記事を閲覧»

モーションソリューションの標準かカスタムかを検討する際の7つのヒント

発表:
航空宇宙製造および設計

技術的な要件を満たし、プロジェクトの予算に合ったモーションシステムを定義すれば、最も経験のあるモーションコントロール機器の購入者に挑むことができます。 AerotechのBrian Finkは、プロセスの早期にこの課題を緩和するための標準およびカスタムソリューションの適合性に関するヒントを提供しています。

完全な記事を閲覧»

Aerotechは、最近、世界のナノ位置決めシステム市場の4つのトッププレーヤーの1つに選ばれました。

発表:
SBWire

かなり統合されたグローバルなナノ位置決めシステム市場では、上位4社(Aerotechを含む)が市場で約75%のシェアを占めています。 製品の開発と多様化は、市場シェアを拡大​​するために多くのプレーヤーが頼りにしてきた重要なツールです。

完全な記事を閲覧»

高度制御システムによる1桁ミクロン精度のプリントヘッドを実現

発表:
Engineering.com

積層造形によって正確で繰り返し可能な部品を得るには、プリントヘッド、ノズル、メルトプールをきめ細かく制御する必要があります。 次のビデオでは、高度な制御システムを使用して製造者が必要とする精密制御を取得する方法を学ぶことができます。

完全な記事を閲覧»

研究者が3D印刷技術をお手元に

発表:
CBSミネソタ

エンジニアは、電子デバイスをモデルハンドに成形することができる新しい3D印刷プロセスを開発しました。 この「バイオニックスキン」は、ロボットに感触を与えたり、将来、人間の肌に技術を持たせたりすることができます。

完全な記事を閲覧»

最近の発表: Aerotechは、ピッツバーグ大学のMOST-AM研究コンソーシアムに参加しました。

発表:
Aerotechブログ

弊社は、ピッツバーグ大学の積層造形シミュレーションツール(MOST-AM)研究コンソーシアムにメンバーとして参加したことを発表しました。 このコンソーシアムは、産業にとって一番重要な積層造形のシミュレーションおよび最適化ツールと産業への移行を可能な限り迅速に進めるツールの開発に取り組み、トポロジーの最適化、高速プロセスモデリング、統合計算材料工学の研究開発に焦点を当てる予定です。

完全な記事を閲覧»

Aerotech、世界のリニアモーター業界のる新しい調査レポートを掲載

発表:
www.whatech.com

Aerotechは、2021年までの業界の開発動向と予測を検証した、新リリースの「グローバルリニアモーター産業の2017市場調査レポート」で紹介されました。 このレポートは150もの表と数字で業界の状況に関する重要な統計情報を提供しており、この市場に関心を持つ企業や個人の指針となる貴重な情報源です。

完全な記事を閲覧»

EasyTune™は市場に存在するモーションコントローラの中で最も高度なオートチューニングツールです。

発表:
Aerotechウェブサイト

AerotechのEasyTune 高度なオートチューニングツールは、市販のモーションコントローラで利用可能な最も先進的なオートチューニングツールです。 EasyTuneは、経験豊かな制御エンジニアが培ってきた、サーボループゲインとサーボフィルターの自動調整、システムの安定性の自動分析などの高度な機能をユーザーの手にもたらします。

完全な記事を閲覧»

統合型モーション・マシン制御ソリューションの改訂パンフレット

発表:
Aerotechウェブサイト

Aerotechの新しい統合モーション&マシンコントロールソリューションのパンフレットには、Aerotechのすべてのコントロールとソフトウェア、高度な診断とチューニング機能、統合開発環境、オペレータインターフェース、すべてのコントローラとドライブ技術、標準と高度な制御機能、ヘキサポッドとピエゾコントロール、コントローラとハードウェアの比較チャートが掲載されています。

完全な記事を閲覧»

Aerotech、グローバルモーションコントロール市場の成長のキープレーヤーに指名

発表:
市場調査の将来

Aerotechは、アジア太平洋地域における2016年から2022年にかけての世界的なモーションコントロール市場の成長を牽引する主要なプレーヤーに選ばれました。 世界のモーションコントロール市場は、2016年から2022年にかけて年間6%の成長率を達成し、2022年には市場規模が220億ドルに達すると予測されており、この期間に地域においても同様な成長を遂げるものと評価されています。

完全な記事を閲覧»

2022年までに圧電デバイス市場は313億3000万ドルに成長

発表:
Markets and Markets

圧電デバイス市場は、2022年までに313億3000万ドルの価値があると予測されています。 この市場の成長要因には、圧電セラミックデバイスの需要の増加、政府や投資家からの資金調達の増加、新エネルギー獲得技術、自動車分野における需要の増加、小型化技術の普及などが挙げられます。 Aerotechは、Markets and Markets社のレポートで主要なプレーヤーとして指名されました。

完全な記事を閲覧»

グローバル市場におけるブラシレスDCサーボモーター新調査レポート

発表:
ReportsWeb

ReportsWebは、世界市場、特に北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インドにおけるブラシレスDCサーボモーターの調査を行いました。 このレポートでは、各メーカーの生産、価格、収益、市場シェアなど、世界のトップメーカーに焦点を当てています。 その中でAerotechは有力メーカーです。

完全な記事を閲覧»

仰角ジンバルシステム市場は2026年までにめざましい成長を記録

発表:
Persistence Market Research

Persistence Market Research(PMR)の最近の報告書によると、仰角ジンバルシステム市場は、2026年までに強い伸びを記録することが期待されています。 このレポートで、Aerotechは、幅広いジンバル製品を提供する、世界の仰角ジンバルシステム市場における著名な企業に選ばれています。 軍用/商業用の主な用途でジンバルは高速で非常に正確な先づけ角度に光学、レーザー、アンテナ、センサーを指示するのに理想的です。

完全な記事を閲覧»

Technavioが世界のモーションコントロールの成長を予測

発表:
Technavio

Technavioのアナリストによると、世界のモーションコントロール市場は2016年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)3.84%で成長すると予測されており、中でもAerotechが著名なベンダーであると述べられています。 このレポートでは、予測期間中に世界中の多くの業界において自動化のための資本注入が継続されることが予想されます。

完全な記事を閲覧»

3Dバイオプリンティングの世界市場は2016年〜2022年にかけて成長

発表:
P&S Market Research

P&S Market Researchの新しいレポートによると、3Dバイオプリンティングの世界市場は、2016年から2222年にかけて劇的な成長を遂げると予測されています。 この成長は、移植用の組織や器官への需要の増加と、3Dバイオプリンティング技術の革新進歩によって推進されています。 Aerotechは、2016年から2022年まで年間35.9%の成長率が予測される市場における主要プレーヤーに選出されました。

完全な記事を閲覧»

Aerotech HEX500-350HLは、2016年「Control Engineering Engineers' Choice」賞のファイナリスト

発表:
Control Engineering

Control Engineering 2017で再び「Engineers' Choice」賞のファイナリストに選ばれたことを誇りに思っています。 当社のHEX500-350HL 6自由度の位置決めシステムは、X線回折、センサーテスト、高性能デバイス操作用途に最適な高荷重、超精密ヘキサポッドです。 高荷重、大移動量、高速、サブミクロン精度を備えたHEX500-350HLは、御社の用途仕様に妥協がないことを意味します。 当社最新のヘキサポッドが今年度の最有力候補であり、投票に値することにご同意いただけると確信しています!

完全な記事を閲覧»

ピッツバーグ大学メカニカル・エンジニア学部は、積層造形の高速計算モデリングを開発するために350,000ドルのNSF助成金を獲得

発表:

積層造形(AM)つまり3D印刷がより一般的になるにつれて、研究者や産業界は、こうした複雑な幾何学形状の製造に固有の歪みや応力を軽減しようとしています。 ピッツバーグ大学のスワンソン・スクール・オブ・エンジニアリングとピッツバーグに拠点を置くAerotechの研究者は、最近、積層造形のための新しい高速計算法を開発することによって、こうした設計問題に取り組むために全米科学財団(NSF)から350,000ドルの助成金を獲得ました。

完全な記事を閲覧»

CADFusion 2.05.000の最新情報

発表:
Aerotech In Motion

AerotechのCADFusionソフトウェアは、DXFおよびDWG図面をAeroBasicモーションプログラムに簡単に変換します。 バージョン2.05.000では、ビットマップツールとPSOツールの両方にNmark GCLサポートを追加しました。 また、Tool Catalogを追加したため、すべてのツールを保存、編集、整理し、別のCADFusionプロジェクトで再利用できます。 Tool Catalogによってツールをインポートおよびエクスポートして他のCADFusionユーザーと共有することもできます。 詳細や更新内容の完全なリストについては、製品のリリースノートを参照してください。

完全な記事を閲覧»

新しいウェブキャスト: 加速対誤差 - 円筒形レーザー加工用途のバランス性能

発表:

Aerotechのレーザー加工およびマイクロマシングループマネージャを務めるScott Schmidtは、5月12日に、加速対誤差 - 円筒形レーザー加工用途のバランス性能というウェブキャストを公表しました。 円筒形レーザー加工用途の改良に関心のある人は、プロセスの改善方法に関する貴重な情報を得ることができます。 ステントを中心とした内容ですが、教訓はすべての円筒形レーザー加工とマイクロマシン加工の用途に適用できます。

完全な記事を閲覧»

歴史を振り返る - レーザーステント加工の変遷

発表:
Aerotech In Motion

私たちはステントに精通しています。ステントとは介入型心臓装置で、ブロックされていた血管を再び開くように支える(および保持する)ために使用されます。 ここ数年間でステントの製造は安定してきたように見えますが、振り返ってみると(そして少し先をみると)、今日多くの人が「標準」処理システムだと考えているものに到達するのに長い道のりを歩んできました。

完全な記事を閲覧»

Aerotechの新しく改良されたPROシリーズ - お客様のプロセスを最大98%向上

発表:
Aerotech In Motion

AerotechのPROシリーズのリニアモーターとボールねじの位置決めステージは、新機能と高性能、そして2つの新サイズでご利用いただけます。 改良された剛性、より良い仕様、競争力のある価格設定、そして137の異なる標準モデルの中から選択できます。PRO-LMリニアモーターとPRO-SL/SLEボールねじのリニアステージを是非ともご覧ください。

完全な記事を閲覧»

Aerotechの大型アパーチャの回転ステージがアブソリュートエンコーダを提供

発表:
Aerotech In Motion

Aerotechでは、大型アパーチャ、極端な負荷のALARダイレクトドライブ回転ステージ用にアブソリュートエンコーダオプションを提供しています。 アブソリュートエンコーダオプションは起動時の即時初期化を可能にし、ホームサイクルは必要ありません。

完全な記事を閲覧»

新たなA3200自動化モーションサーバーのご紹介

発表:

すべて自動化モーションサーバー製品は、64ビットのWindows® OSで動作する、完全テスト/確認したAerotechのA3200モーションコントローラプログラムと共に出荷されます。 モーションサーバーは箱を開けた時点で使用 — 電圧の印加、ドライブの接続、開発の開始ができます。 PCの選択やOSのライセンス認証/構成、コントローラのインストールはもちろんのこと、複数のベンダーからの配送管理などで時間を無駄にすることはありません。 箱を開けてすぐ、御社の付加価値を付けたプロセスへの統合を開始できます。

完全な記事を閲覧»

高度なモーションコントロールがレーザーマイクロドリルを最適化

発表:

「マイクロドリル加工処理装置では、マイクロビア(直径150μm以下のブラインドまたは埋め込みビア)を作成する最も一般的な方法は、機械ドリル加工とレーザードリル加工です。 機械的ドリル加工は、主にPCBやIC基板などのより大きなアパーチャで使用されます。 レーザードリル加工は、シリコンウェハー、セラミック基板、サファイア基板などのより微細なアパーチャで主に使用されます。

完全な記事を閲覧»

10もの内部を熟知した知見が高精度スキャナーシステムに

発表:
Aerotech In Motion

Aerotechのレーザー加工およびマイクロマシニンググループのプロダクトマネージャを務めるScott Schmidtは、最近、Scott Tompkins, Senior Electrical Engineer with Innovative Laser Technologiesでシニア電気エンジニアを務めるScott Tompkinsに、精密レーザー用途で高速スキャナーを実装する賛否両論についてインタビューしました。 この分野の専門家が提唱する落とし穴を回避して、御社の次のシステムの試運転を早めていきましょう。

完全な記事を閲覧»

高度なモーションコントロール用のWindows PC対応INtime

発表:

自動化コントローラにPCを使用すると、競争力のある価格で最先端の処理機能が手に入ります。 AerotechのPCベースのA3200デジタルオートメーションプラットフォームは、TenAsys CorporationのINtime®forWindows®を使用して、1台のPCでリアルタイムの制御タスクをオペレータインターフェースおよびプログラム開発機能とともに実行できます。

完全な記事を閲覧»

QNPHDシリーズの単軸、ハイダイナミックピエゾナノ位置決めステージのご紹介

発表:

AerotechのQNPHDピエゾナノ位置決めステージは、アクチュエータとステージ双方の利点をコンパクトで高剛性パッケージで提供します。 直接計測、容量センサフィードバックオプション、高い共振周波数および高負荷容量を持つQNP HDは、走査型プローブ顕微鏡、ディスクドライブ試験、半導体ウェハー接合といった高速かつ高精度の広範な用途に理想的です。

完全な記事を閲覧»

ガルバノメーター購入の5つのポイント: 高精度スキャナーシステムの選択ポイント

発表:
Aerotech In Motion

ガルバノスキャナーに関する調査によると、価格帯も性能レベルも非常に幅広いデバイスが存在することが分かりました。 では、この中から最適なデバイスを選択する方法はあるのでしょうか。 また、最適なデバイスを見つけた後、その用途に最適化するための構成方法は?

完全な記事を閲覧»

CIOE2015にてAerotech中国支社

発表:
Aerotech In Motion

8月31日~9月3日、Aerotech中国支社は、中国の第17回国際光電子工学エキスポ、CIOE 2015に出席しました。 CIOEは、Aerotech中国支社にとって大成功でした。次の参加を楽しみにしています。 訪問者の皆様には感謝を申し上げます - 弊社の展示を楽しんでいただければ幸いです。また、来年もお目にかかりたいと存じます。

完全な記事を閲覧»

Aerotechが2015年の職場トップに

発表:
ピッツバーグポストガゼット

Aerotechは、2015年の職場トップに選ばれたことを誇りに思っております。 このリストに残ったことに感激していますし、トップに選ばれたことで従業員の皆様には大変感謝しています。 この続きはwww.topworkplaces.comでご覧ください。

完全な記事を閲覧»

台北国際産業オートメーション展示会にてAerotech台湾

発表:
Aerotech In Motion

Aerotech台湾支社は、台北世界貿易センター南港博覧で弊社のモーション製品を台北国際産業オートメーション展で紹介しました。 Aerotech台湾支社は、高度なモーションコントローラおよび制御アルゴリズムをはじめとした多くのモーションコントロール製品、そして、完全なモーションステージを実演しました。 当社のブースは、写真のように、"御社のマシンに命を吹き込む"機械仕掛けのハチの巨大なモックアップが掲げられました。

完全な記事を閲覧»

Print Your Heart Out

発表:
化学およびエンジニアリングニュース

3Dバイオプリンティングはヒトの臓器を作れるようになるのか。 魅力的な研究分野でトップを行く人たちが、このすばらしい新しいテクノロジーの未来を語ります。

完全な記事を閲覧»

御社の用途向けに最適化したカスタムガントリー

発表:

Aerotechは、航空宇宙、政府機関の研究所、レーザー加工などを専門とする分野の要求に応えるべく、大移動量、高負荷​、​卓越した運動性能を持つ、新しいカスタムダイレクトドライブガントリーを発表します。非常に長い移動距離、非常に優れた精度と繰り返し精度、完全なコントロールスイート、大規模ペイロード、または完全機能のモーションサブシステムなど、お客様の要求が何であれ、弊社はお客様の理想とするガントリーソリューションの実現にご協力いたします。

完全な記事を閲覧»

高度なドローイングポストプロセスツールを使用した円筒ワークピースのレーザーラスタースキャンパターン

発表:
医療向け設計について

ステント製造では、回転"スピンドル"軸をダイレクトドライブのリニアステージ上に取り付けた2軸システムが採用されてきました。 回転軸を"自走"させ、ハイダイナミックなガルバノメーターを使って必要なパターンをラスター走査させるほうが、はるかに効率的な方法です。 「医療向け設計について」の最新記事の続きを読んでください。

完全な記事を閲覧»

弊社オートフォーカス機能のご説明とデモンストレーションをご覧ください

発表:

自動フォーカスは、AerotechのAutomation 3200、Ensemble、Soloistのコントロールの標準機能です。これによって、センサーとの統合が大幅に簡素化され、表面測定や走査用途においてシステム性能を向上させることができます。 自動フォーカスが特に有用な用途は、外部アナログセンサーを使用して作業点から一定の補正を維持する場合などです。

完全な記事を閲覧»

Aerotechソフトウェアの新バージョン5.01の概要

発表:
Aerotech In Motion

弊社の新型ピエゾナノ位置決めステージは、現在A3200およびEnsembleのコントローラでサポートされています。 5.01の新機能には、素早い起動、軌道生成の改良、Configuration Managerのパラメータ検索機能を含むEasytuneが搭載され、さらに、軸パラメータ計算機も強化されています。 バージョン5.01ではwindows XPやWindows Vistaはサポートされていません。

完全な記事を閲覧»

ステッパーとサーボ - ドライブ技術の比較

発表:

X線顕微鏡検査やコンピュータ断層撮影(CT)などの多くの用途では、測定するためにサンプルや検出器、光学系の位置決めが必要です。 顕微鏡検査分野では、サブミクロンメートルやナノメートルレベルまでの構造をイメージングすることが要求されます。 サンプルや光学系、検出器の動きによってイメージングの質が悪化するため、短期でも長期でも、優れた保持・安定性が要求されます。 また、ナノメートルレベルの極小な機械的動作を可能にするこの性能は、サンプルや光学系のアライメントに不可欠なものです。

完全な記事を閲覧»

PlanarDLA - オープンフレーム、XY、ダイレクトドライブ、機械ベアリングステージ

発表:

AerotechのPlanarDLAシリーズのステージは、コンパクトな薄型パッケージでクリアアパーチャ、高力学、優れた幾何学的性能を提供します。 こうしたステージは、高力学とマイクロメートルレベルの直線性を必要とする両面LEDウェハー処理から、高精度および精密な幾何学的性能を必要とする準静的光計測まで、幅広い用途に不可欠です。 どのような用途であれ、PlanarDLAは、設定可能な多くのオプションでお客様のニーズに対応するよう設計されています。

完全な記事を閲覧»

研究開発向けの高精度モーション

発表:

最近、弊社は積層造形、実験室での研究、レーザー加工、マイクロマシニング、電子機器製造、試験と&検査などで使用される精密モーションコントロールシステムを掲載するためにウェブサイトを拡大しました。 弊社の研究システムのウェブページをご覧になって、弊社の精密システムが御社の研究プロジェクトを促進させられるかどうか判断してください。

完全な記事を閲覧»

より緊密な統合とプログラミングによって21世紀の位置決めステージを

発表:
Design World

位置決めステージ以上に最新イノベーションが見られるモーション技術はありません。 そのハードウェアおよびソフトウェアは、主に緊密な統合と高度なプログラミングによって、特定の出力要件を満たすためにカスタム化されています。 今日の位置決めステージが、信じられないほどの精度で移動し、複雑な軸コマンドで同期し、縦一列で粗大から微細まで移動距離を最適化し、1つの共通位置フィードバックでループを閉じるのも不思議ではありません。

完全な記事を閲覧»

極小ステップ: ナノスケールの位置決めには完全なシステムレベルの設計が必要

発表:
MICROmanufacturing

新興のナノテクノロジーによって高分解能の光学イメージングやデータストレージの増大といった進歩が可能になりました。 こうした技術の大半は、パーツやサンプルのナノスケールの位置決めが必要です。 ナノ位置決めシステムには、高品質のコンポーネントが要求されます。また、位置決めシステムのすべての要素とその環境は、ナノ位置決め性能を保証するかどうか、徹底的に検証されなければなりません。

完全な記事を閲覧»

新しいホワイトペーパー: "CADFusionおよびPSOビットマップツールを使用した円筒ワークピースのレーザーラスタースキャンパターン"

発表:

多数の円筒レーザー処理応用プログラム 2本の軸(1本はリニア でもう1本はロータリー)が双方とも実際に性質上リニアであるとしてのレーザー転写運動。 言い換えると、 円筒パターンを"展開せず"に、より標準的なフラットのワークピースを作ります。

完全な記事を閲覧»

Aerotechによってエレメントシックスのアップグレードレーザーマシンが最新標準に

発表:
Industrial Laser Solutions

合成ダイヤモンド素材メーカーのエレメントシックスは、最近、レーザー切断機のうち3台のコントロール部をアップグレードしました。 このマシンは、当初、DOSオペレーティングシステムで実行するサードパーティ製コントローラを装備しており、最新のコントロール技術にアップグレードしなくてはいけない状態でした。

完全な記事を閲覧»

新規ウェビナー: ナノメートルレベルの位置決め

発表:
フォトニクス

ナノ位置決め、つまり、原子スケールの精度でオブジェクトを移動することは、半導体加工、顕微鏡検査やナノイメージング、ハードドライブや電子機器の製造、医療機器製造などの分野を可能にする主要なテクノロジーです。 このウェビナーでは、真のナノメートルレベルの性能を達成するだけでなく、ベアリング、フィードバック、ドライブエレクトロニクス、コントロールアルゴリズムといったナノメートルレベルの位置決め性能のための基本設計パラメータのために、いかにシステムレベルのアプローチが必要なのかをご紹介します。

完全な記事を閲覧»

新規ホワイトペーパー -"EtherNet/IPプログラミング: RSLogix 500 によるプログラミング"

発表:
Aerotech In Motion

Aerotechは以前からEnsemble®およびSoloist®のコントローラシリーズでEtherNet/IP™をサポートしてきました。 この活用ガイドは、EEM命令を使ったRSLogix 500プラットフォーム付きのコントローラのプログラミングの一部始終をカバーします。 16ビットのSLCプロセッサによる32ビットワード送信のニュアンスについては新規ガイドに詳述されています。

完全な記事を閲覧»

逆運動力学ソフトウェアによる3D印刷のモジュール型ロボットの設計

発表:
3D CAD World

現在使われているロボットシステムは、多くの場合、モジュラーな柔軟性や簡単に統合できる要素が欠けているため、素早く市場に投入するための統合ができません。 こうした欠陥によって、非直列ジョブをタイムリーかつ高コスト効率的に仕上げることができません。

完全な記事を閲覧»

バイオプリンティング: 3D印刷の復活

発表:
Manufacturing Engineering

3D印刷は、エンジニアリングや製造、アート、教育など多くの分野でイノベーションをけん引しています。 この技術は、人工装具の印刷から外科医が再建手術のガイドとして使用する患者の特定部位のモデル化まで、医薬分野にも広く応用されています。 医療の3D印刷の次のフロンティアはバイオプリンティング—生体細胞を用いた再生用の組織や臓器を印刷するものです。

完全な記事を閲覧»

レーザーマイクロ焼結の適用におけるモーションの考察

発表:
Industrial Laser Solutions

レーザーマイクロ焼結は、各種の高精度デバイスやコンポーネントの一般的な製造方法として確立しつつあります。 目的の製品を効率的かつ迅速に製造するには、ミクロンレベルのシステムの精度を必要とすることも多く、堅牢なモーションコントロールパラダイムが重要です。

完全な記事を閲覧»

最先端のモーションによるレーザーナノファブリケーションの未来

発表:
Commericial Micro Manufacturing International Magazine

新たに広範なS波長板の登場によって、レーザー技術ソリューション専門のWorkshop of Photonics (Altechna R&D)は、フェムト秒レーザーによってのみ製造できる初の商業用レーザー光学デバイスの完成に成功しました。 特殊な超格子構造を持つ波長板によって、通常直線の偏光レーザー光がラジアル偏光または方位角偏光に変換されるため、研究者や業界ユーザーは、必要に応じた偏光ビームで処理スピードや品質、解像度の向上を達成することができます。

完全な記事を閲覧»

Planar HDX: 超精密な2軸平面型エアベアリングステージ

発表:

半導体製造などのハイテク分野で超精密位置決めシステムを供給してきたAerotechの長い歴史は、主要なモーション技術の継続的発展・向上を可能にしました。 こうして培った技術を応用して、Aerotechは市場にある平面型エアベアリングプラットフォームで最も高度なPlanarHDXを開発しました。 PlanarHDXはFEAに最適化されたSiC構造と最大限に向上されたエアベアリング補正技術を使って設計されており、他に例を見ない形状特性と位置決め精度を保ちながら、非常に優れたダイナミックパフォーマンスを実現します。

完全な記事を閲覧»

無限の可能性 - スキャナーとサーボモーションを簡単に組み合わせる

発表:

レーザーマイクロマシニング、二光子重合、ガラスパネルおよび膜のパターニング、積層造形など、高精度モーションコントロールの用途では、現在、高速ガルバノメーターの高精度が求められています。 以前は、こうしたスキャナーで高度な光学構成を可能にするために非常に狭い有効視野を使うか、または大型ワークピース処理のために、ステップアンドスキャン方式などの誤差が生じやすい特殊な手順しかありませんでした。 今では、高度な描画ポストプロセッサに加えて、モーションコントローラの機能強化により、時間をかけて最適化しなくても、広い有効視野でほぼどのようなパターン上でもサーボとスキャナーの単純な交差運動が可能になりました。

完全な記事を閲覧»

パンフレットリリース: 実験室・研究所向けモーション製品ガイド

発表:
Aerotech In Motion

Aerotechの実験室・研究所向けモーション製品ガイドでは、光学テーブル向けに設計され注文可能な、R&D品質のリニアおよび角度位置決めステージを紹介しています。 パンフレットには、ミクロンレベルおよびナノメートルレベルの性能の、X、XY、Z、リフト、θ、および測角のポジショナーと、モーションコントローラが掲載されています。 また、サブナノメートルレベルの性能向けに、AerotechのQNPピエゾナノ位置決めステージの新シリーズもあります。

完全な記事を閲覧»

Aerotechグローバルテクニカルサポートのご紹介

発表:
Aerotech In Motion

これまでのカスタマーサービス部門に代わる、Aerotechグローバルテクニカルサポートをご紹介します。 米国、イギリス、ドイツで既に開設されている事務所に加え、日本、台湾、中国、タイにもサポートオフィスを新設いたしました。

完全な記事を閲覧»

モーションコントロールメーカー: 誰が生き残るのか?

発表:
Aerotech In Motion

どのビジネスにおいても、収入を得て利益を生み出すことが公称の真実です。 しかし、自称「社会生態学者」の経営コンサルタント、ピーター・ドラッカー氏によれば、「ビジネスの目的は顧客を獲得すること」です。 これを製造業界に置き換えると、優れた技術知見や生産能力を活用した「革新的な製品開発や技術開発」です。 テクノロジーをいち早く導入するだけでなく、その分野における真の開拓者であることです。

完全な記事を閲覧»

最大100%の高速化によりレーザー加工のスループットが著しく向上

発表:
Aerotech In Motion

ステントをはじめとする円筒レーザー処理分野は、回転速度、最大限のスループットのための精度、そして完成品の質が鍵となります。 Aerotechでは、弊社が誇る精度を維持しつつ、円筒レーザー処理プラットフォームの回転速度を33%から100%に高めました。

完全な記事を閲覧»

モーションコントロールの基本: 精度と繰り返し精度

発表:

オートメーション分野では、同じ意味で使われているのに、実はまったく違ったものを指す用語があります。 例えば「精度」と「繰り返し精度」。回転ステージまたはリニアステージを選択する際の最も重要な2つの仕様です。 モーションコントロールの基本に関するこの動画では精度と繰り返し精度の違いを説明し、リニアステージ移動との関連性をご覧いただきます。

完全な記事を閲覧»

パンフレットリリース: 航空宇宙保安、安全保障、国家安全保障対策用の高度なモーションシステム

発表:
Aerotech In Motion

Aerotechの完全改訂版パンフレット「Advanced Motion Systems for Aerospace, Defense, and National Security」(航空宇宙保安、安全保障、国家安全保障対策用の高度なモーションシステム)には、レーザー加工、積層造形、大規模コンポーネントの試験および検査、電気光学検査、ロータリーおよびリニアセンサー試験、真空、先づけおよび追跡、慣性試験モーションシミュレーター、高度なコントロール、そして標準製品など航空宇宙・防衛産業で利用される部品やシステムが掲載されています。

完全な記事を閲覧»

業界最高のミクロンレベル2D精度

発表:
Aerotech In Motion

AerotechのNmark AGV-HPOスキャナーシステムでは、繰り返し可能かつ熱安定のフィードバックセンサーが使われており、ミクロンレベルで1桁の視野精度の調整ができます。 位置トランスデューサーの極小に抑えた熱ゲインドリフト性能によって、複雑な高密度レーザーマシニングの完了に時間をかけることが可能になり、プロセスの耐用期間まで一貫したミクロンレベルの形体搭載精度を維持します。

完全な記事を閲覧»

大統領が「雇用」をテーマとした演説でAerotechを評価

発表:
Aerotech In Motion

今月、オバマ大統領がピッツバーグエリアを訪れた際、Aerotechをはじめとした地元製造企業が表彰されました! 大統領と副大統領はCCAC (アレゲニー郡コミュニティカレッジ)のMechatronics Lab (メカトロニクス研究所)を視察し、米国内の職業訓練に5億ドル、研修制度に1億ドルの資金提供を含む構想を発表しました。

完全な記事を閲覧»

コーディング不要: DXFからモーションコマンドへの変換ツール

発表:
Aerotech In Motion

AerotechのCADFusionなら、AeroBasic™やGコードのプログラミングはマウスのボタンをクリックするのと同じくらい簡単です。 AerotechのDXFからモーションコマンドへの変換ツールを使うと、早ければ30分ほどでCAD図面をコードに変換できます – コーディングは不要です。

完全な記事を閲覧»

角度および回転装置の較正に関する新たな基準の設定

発表:
Aerotech In Motion

角度エンコーダ、センサー、割り出しテーブル、多角形、光学プリズムを較正する場合は、弊社の角度および回転較正システム「μARC」を使うことで、競合他社より精度の高い製品製造、装置の素早い較正によるスループットの向上、製品性能の評価と改善における競争優位性の獲得に役立ちます。

完全な記事を閲覧»

Aerotech United Kingdomが新たな広い施設に移転

発表:

米国ピッツバーグに本社を置くハイテクメカトロニクスモーション製品の設計・製造企業であるAerotech Inc.は、グローバルな精密モーションおよび自動化システムの分野での継続的な拡大の一環として、イギリス支社を新たなより広い施設に移転しました。 オフィスと業務物流のスペースを追加し、お客様向け実演・トレーニング・会議のエリアも大幅に拡大した、設備の整った500 m2の建物は、Aerotech Ltdがイギリスおよびヨーロッパにおいてモーションシステムのトップサプライヤとしての地位を築き高めるための土台となります。

完全な記事を閲覧»

新しい年 - 拡大・向上した新しいAerotech

発表:
Aerotech In Motion

エンドユーザーやシステムインテグレーター、製造会社に向けた大規模自動化プログラムの主要サプライヤとして、世界中の客様のニーズにお応えできるよう、弊社ではピッツバーグの工場を拡充しました。

完全な記事を閲覧»

モーションの基本: 較正と誤差補正

発表:
Aerotech In Motion

機械システムは多くの場合高い繰り返し可能性を有しますが、正確とは限りません。 幸い、その繰り返し精度(与えられた位置に確実に戻る能力)を利用して精度を高めることができます。

完全な記事を閲覧»

オンデマンド器官

発表:
The Scientist

3D印刷は、移植可能な人体器官の不足を解消するソリューションとして有望ですが、まだまだ課題は山積みの状態です。

完全な記事を閲覧»

Flexible Robotic Environmentソフトウェアでモジュール型ロボットを開発

発表:
Machine Design

Bicommerce LLC (サウスダコタ州ラピッドシティ)が開発したFlexible Robotic Environment (FRE)ソフトウェアは、モジュール型ロボットの設計を行うだけでなく、モーションプラットフォームとしても使用できます。 このソフトウェアを搭載したマシンには、Aerotech製のリニアおよび回転モーション部品を使用した6自由度(DOF)のモジュラー型直接書き込みロボットがあります。

完全な記事を閲覧»

レーザーメーカーにかかるプレッシャー: もっと多く、もっと速く

発表:
Manufacturing Engineering

平坦なマーキングができるレーザーは、その平坦性がクリティカルな医療用のツールや機器のマーキングに優れた力を発揮します。 1つでも隙間があれば、どんなに小さくても、細菌が集まって増殖するからです。 そこで、期待されている米国政府による新たな法令が施行されれば、レーザーマーキングシステムを医療機器製造業者に販売する企業の利益は増大することでしょう。

完全な記事を閲覧»

3D印刷の今後

発表:
Smithsonian.com

実際の適用例に関する考察を交えた積層造形技術の概要と、この技術の過去、現在、そして起こりうる将来について。 2番目の写真はAerotech製ステージです。

完全な記事を閲覧»

新たなタレット光学設計

発表:
Mikroniek

Optec社のマルチ波長超高速レーザーマイクロマシニングワークステーションは、Aerotechのマイクロ位置決めおよびモーションコントロールを使った新たなタレット光学設計を特徴としています。

完全な記事を閲覧»

ASPE 2013 Spring Topical Meeting (2013年春会議)

発表:
American Society for Precision Engineering

TheAmerican Society for Precision Engineering (ASPE) 2013 Spring Topical Meetingでは 高精度システムの制御 に関するレクチャーが行われ、弊社のStephen J. Ludwickとマサチューセッツ工科大学のDavid L. Trumper氏が担当しました。 レクチャーでは、精密機械向け制御システムの設計および導入のための基本原則をはじめ、コントローラとシステムハードウェアの相互作用についても採り上げます。

完全な記事を閲覧»

Aerotechが2012年最優秀製造業者に指名

発表:
Pittsburgh Business Times

光栄なことに、Aerotechは2年連続でPittsburgh Business Timesの年間最優秀製造業者に選ばれました。 年間最優秀製造業賞は、この9年間、西ペンシルベニア州の製造業者からPittsburgh Business Timesが選んで授与しています。 この賞は、長期間にわたり多才で優れた業績を上げた企業に与えられます。

完全な記事を閲覧»

Nmark AGV/CLSがPhotonics Prism Awardsの最終選考に残る

発表:
Photonics Spectra

フォトニクス分野のSPIE Prism Awardsは、革新的で科学的な製品、プロセス、ソフトウェア、装置、材料、システム、機器、技術を評価するために誕生しました。 工業用レーザー部門では、新たなレーザープラットフォームの開発、商品化、販売に役立つ新たなレーザー光源、高度な技術、部品、レーザーシステム設計が注目されます。 AerotechのNmark CLSガルバノコントローラとAGVスキャナーの組み合わせは、2013年の工業用レーザー部門で最終選考品3つのうちの1つに残りました。

完全な記事を閲覧»

マシンコントローラの設計と導入の手間を削減

発表:
NASA Tech Briefs

機械の設計および導入には、コントロール、構造、ビジョン、レーザー、データ取得、ソフトウェアなど、まだまだありますがさまざまな技術を統合する必要があります。 通常、こうしたメカトロニクスソリューションは部品製造、マーキング、パッケージングなどの特定の目的をターゲットとしています。 一般に、コントローラは機械上で行われるすべてのプロセスをつなぎ合わせて調整する役割を持つため、設計の中で最重要視されます。 さまざまなプログラマブル論理制御装置(PLC)とモーションコントローラを使用すると、コストと時間のかかる統合作業が必要になります。 機械に搭載するコントローラを1つにすれば、統合の必要がなく、設計と導入に要する時間とコストを削減することができます。

完全な記事を閲覧»

高度なモーションコントロールによる高精度吐出の実現。

発表:
Motion System Design

材料の流れを調整しながらディスペンサーヘッドを正しく位置決めするのは困難なタスクです。 開発時間の削減や一貫性の向上といった困難な課題に対処するものとして期待されているのは、リアルタイムの運動力学や位置同期出力といった高度なモーションコントローラのプログラミングです。

完全な記事を閲覧»

超精密用途向け統合・協調型サーボコントロールとガルバノコントロール

発表:
Industrial Laser Solutions

オートメーション分野における革新的な技術開発であるAerotechのNmarkシリーズは、ガルバノスキャナーとサーボモーションを同期して両者のモーションプラットフォームを統合し、ユーザーがサーボ軸とスキャナー軸の双方を1つの環境でシームレスに制御することを可能にします。 サーボ軸とガルバノ軸を組み合わせることで、双方の軸の同時動作も連携動作も可能になります。 A3200モーションコントローラはどの時間軸においてもガルバノとサーボの位置を"知っている"ため、長い動きをサーボに、短くて速い動きをガルバノに送るためにコマンドモーションプロファイルを簡単に分配できます。 こうして、ガルバノの有効視野はサーボステージの全移動量と同じになり、実質的にInfinite Field of View (IFOV、無限視野)をもたらします。

完全な記事を閲覧»

これはスキャン可能? マイクロマシニングおよび超高速レーザー用の走査ヘッドテクノロジー

発表:
Electro Optics

精密マイクロマシニング用途では、高速と優れた精度が要求されます。 また、3D形状を処理する必要もますます高まっており、多軸システムやガルバノ軸・リニア軸間の同期が必須です。 今月号のElectro Optics Magazineでは、Greg Blackman氏が、精密マイクロマシニングタスク用コンポーネントを供給するレーザーシステムやスキャナーシステムのメーカーが直面する課題について、AerotechのAdvanced Automation Division (高度自動化部門)マネージャー、Ron Rekowskiにインタビューしています。

完全な記事を閲覧»

アーキテクチャによるフリップフロップ回路

発表:
Drives & Controls Magazine

管理や制御を自動化するには2つの基本構造があります:分散型と集中型です。 従来、設計パターンはこの2つの構造間を行き来しており、今後もそれが続くと思われます。 しかしいずれどちらかが勝ち抜くのでしょうか?

完全な記事を閲覧»

真の動き - マイクロマシニング用のモーションコントロールの発展

発表:
MICROmanufacturing

機械やレーザーのマイクロマシニングシステムにおける主要なモーション要件には、高い動的コンタリング精度、繰り返し精度、速度、柔軟で高度なモーションコントローラがあります。 正確で高速なマイクロマシニングを実現するには、機械構成部品、電気素子、制御素子、ソフトウェアエレメントを慎重に組み合わせる必要があります。 この記事では、一般的なマイクロマシニングモーションシステムのコンポーネントと、その組み合わせによって思い通りのマイクロマシニングシステムを作成する手法を述べています。

完全な記事を閲覧»

高調波消去アルゴリズムによって精密モーションコントロールを可能に

発表:
Motion System Design

精密モーションコントロール用途では、周期的な外乱は頻繁に発生します。振動運動や回転運動によって、モーションの主軸および補助軸にはある程度の周期誤差が生じます。 高調波消去アルゴリズムを的確に適用すれば、コントロールシステムエンジニアにとって同一周波数領域法での効果的かつ簡単な分析を可能にする追加ツールとして、精密モーションシステムにおける追従誤差を防ぎます。 このアルゴリズムは、サーボコマンドまたは外乱が主に周期的である場合(例えば工作機械、データストレージシステム、センサーテストなど)に適用します。

完全な記事を閲覧»

Aerotechの高調波消去アルゴリズムによって、エラストマー試験機メーカーのパフォーマンスの向上

発表:
Drives & Controls

イギリスのデュークスベリーに拠点を置く専門試験装置の設計・製造メーカーPrescott Instrumentsは、ゴムおよびエラストマー素材を試験するための斬新な多機能レオメーターを発表しました。この製品には、試験条件の柔軟性や範囲を拡大できる正弦波モーション技術のためにダイレクトドライブブラシレスサーボモーターが搭載されています。 新しいレオメーターは、20 Nm前後のピーク定格を持つ単軸フレームレストルクモーターとブラシレストルクモーターを搭載して、高分解能光学エンコーダやAerotechのSoloist™ HPe統合サーボドライブおよびモーションコントローラと組み合わせて使われます。

完全な記事を閲覧»

位置同期出力による高まる柔軟性

発表:
Quality Magazine

センサートリガー時に正確な位置を把握していることは、試験や検査用途で重要な意味を持ちます。 欠陥の検出と修正から表面マッピングおよびプロファイリングまで、二次元または三次元空間でのセンサー出力と位置間の相関関係を必要とする用途分野は幅広く、さらに拡大しています。 Aerotechの位置同期出力は、革新的な電気回路によって実際のエンコーダベースの位置情報をリアルタイムに届けます。

完全な記事を閲覧»

コンパクトリニアモーターガントリー

発表:
Design News

設置面積が小さいAerotechの新たなAGS1500ガントリーは、二次元平面における正確なコンタリング精度に特化した設計です。 AGS1500にはさまざまな革新的な機械設計を統合しているだけでなく、高度な制御技術によって角度誤差を低減させ、コンタリング精度を大幅に高め、ガントリー速度やスループットを向上させています。

完全な記事を閲覧»

新風: ステント市場成長の鍵となるレーザー機械加工の進歩

発表:
MICROmanufacturing

数年前、Aerotechが(ステント製造)プラットフォームを調査したところ、処理スピードの増大をはばむ本質的な原因はシステムの剛性にあることが判明しました。 その結果Aerotechでは、自社のVascuLatheレーザーモーションマシンに、コンポーネントシステムの2~5倍のスループットを提供できる、統合されたリニア-回転設計を組み込みながらも、ミクロンレベルの動的公差も確保しました。

完全な記事を閲覧»

Aerotech位置決めステージが持つナノメートル精度

発表:
エンジニア

サザンプトン大学のORC (光電子工学研究所)では、AerotechのABL9000シリーズエアベアリングステージとA3200モーションコントローラを使って、UVレーザーで特殊なガラス基板と独自のフラット光ケーブルに直接光回路を書き込む画期的な研究が行われています。

完全な記事を閲覧»

ソーラー技術の転換点

発表:
Design News

太陽電池の製造が本格化するにつれ、メーカーは効率化や持続可能性のある品質、自動化に焦点を当てています。 太陽電池メーカーにとって、低コストでより多くのユニットを製造するために必要な最新の精密モーションコントロール技術、ロボット工学、ネットワーク接続の自動化検査ステーション、自動化ソリューションの活用方法についてご紹介します。

完全な記事を閲覧»

原子炉容器溶接検査マニピュレーター向けリモート制御システムの設計と導入

発表:
AUTOMATIKA: Journal for Control, Measurement, Electronics, Computing and Communications

この論文では、原子炉容器で使われる溶接検査システムとしてリモートコントロールシステムの設計および導入について解説しています。 このシステムは、オペレータが全検査手順をネットワークで遠隔操作することを可能にする、クライアントサーバーTCP/IPソフトウェアアーキテクチャを備えるAutomation 3200を基にしています。

完全な記事を閲覧»

既存コントローラの改良ソリューション

発表:
Design News

新たな工作機械はコストが高いため、多くの製造会社が既存機械を新たに再制御する方法を模索しています。 この再制御プロジェクトによって製造会社は相当なコスト削減を実現し、同時に工作機械の基幹であるコントロールシステムを近代化しています。 再制御は、コストのかかる古い電子機器の陳腐化問題も解決します。 新しいコントロールシステムには、小さな機械的不具合や長年の使用による機械的摩耗を製造会社が補正できる、先進的な機能を備えたものもあります。 こうすれば、多くの場合、一から機械を再構築する必要はなくなります。

完全な記事を閲覧»

ステント製造におけるレーザー加工

発表:
Today's Medical Developments

レーザー加工はその独特な性能のため、ステント製造における材料の切削、融除、溶接の主な手法になっています。 他の切削方法と比べると、レーザー加工は非常に滑らかで、仕上げの工程を大幅に削減します。 レーザー加工のもう一つの利点として、緻密さと極限精度を備えた複雑なデザインカットが挙げられます。 こうした要因によって、システムをより高コスト効率にし、 スループットを向上させます。

完全な記事を閲覧»

スピードの必要性

発表:
Design News

柔軟性、接続性、スピードの必要性がパッケージングOEMの主要目標です。異なる大きさのパッケージやボトル、時には異なる製品ラインまで扱うことを考えた場合、マシンの柔軟性は必要です。 スピードの必要性を受けて、メーカー各社は切替時間の削減方法を模索しており、製品レシピをフル活用して新たな製品要件に自動的に調整できるように自動化が推進されています。

完全な記事を閲覧»

リニアモーターの基本

発表:
Production Machining

実用的な産業用途が着実に増加する中で、リニアモーターの地位は確立しました。 ここでは、さまざまなタイプのリニアモーターの概要と、対応するロータリーモーターとの違いを説明します。

完全な記事を閲覧»

マイクロ位置決め 対 メカトロニクス

発表:
Motion System Design

メカトロニクスは、電気素子、制御素子、ソフトウェアエレメント、機械構成部品といった幅広い専門分野を組み合わせたエンジニアリング手法であるため、複雑なマイクロ位置決め装置の設計と似ています。

完全な記事を閲覧»

Aerotechがモーションシステムとともにメカトロニクスの限界に挑む

発表:
Design News

AerotechのAdvanced Automation Division (高度自動化部門)マネージャー、Robert Novotnakによれば、高精度用途の要件を満たすために、多くのエンジニアがメカトロニクスソリューションに目を向け始めています。 彼の部門では、5軸レーザー切断ステーションから医療用高性能ステントカッターまで、マシン用のモーションシステム一式を供給しています。 Design Newsのインタビューで、Robert Novotnakがメカトロニクスの重要な構成要素について考察します。

完全な記事を閲覧»

軸位置に基づく外部イベントの正確なトリガー

発表:
Design News

高精度モーションコントロール用途では、移動中の軸 の実際の位置に応じて、外部機器を動作させる必要が 多くあります。 多くの用途では、従来の手法で動作させた場合、 部品の品質やサイクルタイムに問題が生じます。 コントローラ 内部の軸ベースのトリガーによって、部品の品質を大幅に 改善し、サイクルタイムを低減し、他の加工上の問題を除去 できます。

完全な記事を閲覧»

用途によってジンバルの選択を決定

発表:
Laser Focus World

高精度なモーションコントロールシステムは、広範な市場で広く使用されています。 どの用途でも、一定のクリティカルなモーション性能仕様を要求し、その作業に最適なモーションテクノロジーなどの技術が決まります。 多くの場合、テクノロジーの選択肢は明らかで1つに絞られます。 2~3の競争技術から検討する場合もあります。 例えば、ダイレクトドライブジンバルかギア駆動ジンバルかの選択は、用途に合った技術を比較した結果にすぎません。

完全な記事を閲覧»

レーザー機械加工における円形パスエラーを最小限に抑える

発表:
Industrial Laser Solutions

レーザー機械加工には、レーザードリル加工、切削、マーキング、けがき、溶接、マイクロマシニングなど、さまざまな工程があります。 こうした工程には豊富な業界経験がある一方で、素早く効率的で最高品質の処理という点では多くの課題も残っています。

完全な記事を閲覧»

レーザーのマイクロドリル加工用途

発表:
Proceedings of the 2004 Advanced Laser Applications Conference & Exposition

現在、Metalase TechnologiesとAerotechは厚さ1 mm以上の材料のレーザーマイクロドリル加工向けに高度な技術を開発しています。 主要な実現技術は2つあります: (i)短パルス幅、高ピーク電力、短波長のレーザー。(ii)高精度、高速、高度なブレンドモーションパスが可能な多軸モーションシステム。 Metalaseは、高精度多軸モーションシステムのサプライヤであるAerotechと協力しています。 この論文は、厚手の材料にドリルで正確なアパーチャを形成するために設計されたシステム について解説し、ディーゼル燃料の直接噴射ノズルの用途例について考察します。

完全な記事を閲覧»

運動力学および精密ステージがレーザー溶接を後押し

発表:
Photonics Spectra

レーザー溶接はもはや特殊な製造分野ではなく、 今やペースメーカーや除細動器などの埋め込み医療機器の加工に使用する一般的な生産ツールです。 こうした機器のシームに溶接を施すには、正確な発射制御でレーザー溶接パルスを一貫してオーバーラップさせる必要があります。

完全な記事を閲覧»

エアベアリングが薄型パネルディスプレイのアセンブリを支援

発表:
アセンブリ

薄型パネルディスプレイ(FPD)の製造過程には、機能生成や検査に精密モーションコントロールを必要とするものが多くあります。 エアベアリングは、正確な繰り返し可能モーションを可能にし、クリーンルーム対応でメンテナンス不要という理由から、多くの工程に最適な選択肢です。

完全な記事を閲覧»