バイオプリンティング

バイオプリンティングは、ある組織または臓器の機能を発揮させるために、特定の3D構造に生体細胞を注入するプロセスです。 このプロセスでは、まず臓器や組織の形状を写し取るスキャホールド(細胞培養の足場)が必要とされ、次にインクジェット印刷プロセスによりその骨組みの非常に正確な構造に細胞を注入します。 結果として作られる組織で細胞の正しい順序と位置を確実にするためには、ほぼミクロンレベルの精密さが鍵となります。

有機的構造の出力 は医療研究に新たな開拓分野をもたらしました。 従来の2D細胞のシャーレでの培養とは異なり、3D細胞構造の出力は、細胞と成長因子や化学物質の相互作用を研究するためのより優れたモデルを提供します。

さらに、骨のスキャホールドを出力すると、重篤な骨折の細胞修復に役立ちます。 ここでは、細胞が理想的な環境で成長するために、スキャホールドの細孔の大きさが重要になります。 通常、細孔の直径は数百ミクロンで、これを構築するにはミクロンレベルの正確さが必要とされます。この精度がAerotechのモーションシステムの中核技術です。

XYZ