粉末床溶融結合法/レーザー焼結

構造の複雑な部品をプラスチック、金属、セラミック、ガラス粉末から形成できる能力によって、積層造形は、従来型のサブトラクティブ法より有利に市場開拓できます。 業界の成熟度が高まるにつれ、プロセス自体の精度も高まっていきます。 Aerotechにはこうした高性能なシステム要件に対応する技術と知識があります。 Aerotechが金属積層造形の技術的課題を解決する方法の詳細については、金属積層造形を参照してください。

ガルバノスキャナーおよびコントロール

  • 熱安定フィードバックセンサーにより、ミクロンレベルの視野精度を実現します。
  •  ガルバノメーターの位置センサーに直接アクセスできるため、制御ループが閉じて、通常スキャナーに関連して発生する遅延や追跡誤差がほとんど生じません。
  • ガルバノメーターは、コントロールと併用することで、リニアサーボステージにシームレスに統合できるため、 infinite field of view(IFOV) が可能になり、他のスキャナーシステムに伴うスティッチ誤差を排除できます。
Nmark_CLSAGV-14 HP_レンズ

 

AerotechA3200コントローラでのリアルタイムの運動力学

Aerotechの Automation 3200コントローラ に搭載された運動力学機能により、多軸吐出用途の複雑さを大幅に軽減します。

  • CADの図面からモーションプロファイルを直接生成し、それをコントローラで実行できるため、別の部品プロファイルへの迅速な変更が可能になる一方で、複雑なプログラミングやそのための時間が大幅に削減されます。
  • モーションプロファイルは、3次スプライン補間パス上の直線や弧のセグメント、または点としてプログラムできるため、多軸印刷パスの作成のために、複雑な後処理ツールは必要ありません。
  • 部品の幾何学配置と吐出速度の最適化は、モーションプロファイルを再読み込みしなくても、機械上で行えるため、生産性が向上します。
  • 部品座標のプログラミングと、リアルタイムでの運動力学の実行により、実行時に回転点を指定できるため、後処理プログラムから生じる固定された回転点を使った固定要件を大幅に簡素化できます。

キネマティック_変換









Aerotechが金属積層造形の技術的課題を解決する方法の詳細については、金属積層造形を参照してください。