シンクロトロン

産業に関する主要専門知識

  • サンプルと検出器の位置決め
  • 断層撮影、結晶構造解析
  • 精密ゴニオメーターポジショナー
  • X線集束ミラー検査システム
  • モノクロメーター位置決めコンポーネント
  • 真空対応位置決めシステム

光あれ

Aerotechでは、最先端のビームライン研究で科学者・技術者・設計者の方々が目標を達成して生産性の向上や新技術の開発を実現するためのお手伝いをすることに注力してきました。 Aerotechの業界トップの技術によって、ゲノム解読、レーザー加工、回析、断層撮影、結晶構造解析などの分野の飛躍的な発明が可能になっています。 これは、世界で最も高度で精度の高いモーションコントロールと位置決めシステムを作り、可能な限り高レベルの品質管理と製品性能を維持することで可能となります。 私たち以上に電気機械システムの複雑さを深く理解している者はいません。

ビームライン研究で使用されたAerotechの電気機械システムの例をご紹介しましょう:

結晶構造解析用のビームラインサンプル位置決め
結晶構造解析用のビームラインサンプル位置決め
  • 正確なサンプル位置決めのための4軸(X、Y、Z、および回転)
  • ABRTエアベアリング回転ステージは偏心誤差および誤差運動を最小限に抑えることでサンプルをX線ビーム内に維持し、より高品質の画像およびデータを提供
  • 精度、繰り返し精度、偏心誤差などの空間的誤差をナノメートルレベルまで抑えることにより、イメージングの正確性とデータ品質が向上
断層撮影用のビームラインサンプル位置決め
断層撮影用のビームラインサンプル位置決め
  • サンプル位置決めのための4自由度
  • 垂直、チップ、チルト、リニア、および回転の各軸が柔軟性の高いサンプル位置決めを実現
  • 内蔵する回転スリップリングアセンブリが、微調整ステージに電力および信号を送出
断層撮影(トモグラフィーおよびラミノグラフィー)用の検出器位置決め
断層撮影(トモグラフィーおよびラミノグラフィー)用の検出器位置決め
  • X、Y、Z、ピッチ、およびロールの各方向への回析検出器の位置決めが、複数の断層撮影(トモグラフィーおよびラミノグラフィー)実験における柔軟性を実現
  • 垂直方向に1.5 mの移動量
  • プログラミング環境において部品の座標空間を変換する仮想ピボット点の機能を活用し、検出器をその基準座標系内でサンプルとの関連において位置決めする

X線ミラーの検査
X線集束ミラー点検
  • 角度誤差を最小限に抑え、かつ最大2 mの移動量を備えたエアベアリングステージが、X線ミラーの条件特性に最適なプラットフォームを提供
  • 御影石のステージ、ステンレス製のキャリッジ
  • キャリッジごとに1 mの移動量
  • ±2.5秒角のロール、ピッチ、ヨー
  • 精度±1 µm (較正時)、繰り返し精度±0.6 µm
  • キャリッジごとの耐荷重は50 kg

検査2
  • 角度誤差を最小限に抑え、かつ最大2 mの移動量を備えたエアベアリングステージが、X線ミラーの条件特性に最適なプラットフォームを提供
  • 御影石のステージ、ステンレス製のキャリッジ
  • ±5秒角のロール、ピッチ、ヨー
  • 精度±1 µm (較正時)、繰り返し精度±0.6 µm
  • 耐荷重35 kg
  • <40 nmのインポジション安定性
  • 写真は1.2 mの移動ステージ
検査3
  • 角度誤差を最小限に抑え、かつ最大2 mの移動量を備えたエアベアリングステージが、X線ミラーの条件特性に最適なプラットフォームを提供
  • 御影石のステージ、アルミ製のキャリッジ
  • ±5秒角のロール、ピッチ、ヨー
  • 精度±1 µm (較正時)、繰り返し精度±0.6 µm
  • 耐荷重35 kg
  • <40 nmのインポジション安定性
  • 写真は500 mmの移動ステージ

ESRFにおけるUHV対応のモノクロメーター位置決め
モノクロメーター位置決めシステム
  • 0.5 μradの最小ステップサイズがモノクロメーター結晶の超微細位置決めを実現
  • ねじ駆動式のXおよびZリニアステージが、ステッピングモーターによる水平調整および垂直調整を提供
  • ダイレクトドライブ技術がステップサイズと熱生成を低減
真空対応モーションシステム
真空
  • Aerotechは高真空環境で使用するモーター、ステージ、およびシステムを製造
  • 低真空オプション(10-3トール)
  • 標準真空オプション(10-6トール)
  • 高真空オプション(10-8トール)
  • 詳細はこちら

 

カスタムシステム設計
研究用システム
  • 個々のプロジェクトに合わせてテーラーメイドされたカスタムのモーター、ステージ、アンプ、およびソフトウェア
  • 従業員: Aerotechの従業員数は300人を超え、研究開発グループには理学士号、理学修士号、または博士号を持った60人以上のエンジニアが在籍
  • システム解析:弊社は高レベルの振動、制御、システムモデリング、および計測能力を有し、システム性能の非常に高度な予測および評価が可能   
  • 品質: Aerotechにおける設計および製造工程は品質達成のためにすべて厳密に制御され、1995年以来、ISO-9001認証を取得

あらゆるステップで

真空対応モーター/ステージから、ベーシックなゴニオメーター、完全に統合された電気機械システムまで、Aerotechのエンジニアリングスタッフは、お客様の厳しい要件通りにシステムを設計、構築、試験するための経験と専門能力を持っています。 コンセプトデザインから最終的な偏心誤差計測まで、専任のプロジェクトエンジニアがお客様の要件を満たすために段階を踏んで作業を進めていきます。 最新鋭の多軸システムは、ユーザーのニーズと仕様に合うように完全にカスタマイズされます。 大半のシステムには真空/大気環境に合わせたリニア/回転/垂直/測角モーションが組み込まれています。 そして、すべてが御影石の土台と溶接鋼の下部構造に統合されています。 アライメント、較正、偏心誤差計測などの精密計測操作は、完成した組み立てられたシステム上で行われます。

多軸モーションは制御を必要とする

多軸モーションはハイエンドシステムの基礎であり、こうしたシステムにはPSO(位置同期出力)や弊社のDynamic Controls Toolboxのような先進的なコントロールが搭載されています。 Aerotechのグラフィカルなソフトウェアスイートは、使いやすさ、性能向上、設定時間の低減を念頭に設計されています。 Ensembleモーションコントローラは、タンパク質結晶学、回析、各種試験、検査、位置決めの用途で使われ、簡単な統合とプログラム制御を実現するEPICS/TANGOドライバを搭載しています。 セットアップウィザード、詳細なヘルプ、マニュアルによってどの動作も簡単に速く行えるため、お客様が設定に費やす時間は減り、実際の実験データの獲得に時間を注ぐことができます。