パフォーマンスの強化

組み込み機能とグラフィカルツールで、ステップ&整定時間を短縮し、オンザフライでデータ取得をトリガー

  • Dynamic Controls Toolboxは、性能を向上させ、サイクルタイムを削減
  • PSOは、リアルタイムで出力をトリガーしてより速く正確なデータ収集を可能にする
  • 回析や断層撮影の実験向けに、最高性能の 回転エアベアリングステージ を組み合わせると、妥協を許さない速度と品質結果が得られる

反復学習制御によって、一連のサイクルの位置誤差を削減し、PVTコマンドレベルの性能を向上させます。

Aerotechの Motion Simulator やDynamic Controls Toolboxには、ステップ&整定時間を短縮して性能を最大限に引き出すための組み込み機能があります。 こうしたツールはフィードバック/フィードフォーワード手法の双方を使って、全プロセスレベルにおける性能の向上とサイクルタイムの削減を実現します。

位置同期出力(PSO)機能を使うことで、オンザフライでデータ取得をトリガーできます。 PSOは簡単にプログラムして、リアルタイムの位置フィードバックに基づく出力パルス(または一連のパルス)を生成できます。 プログラム可能で待ち時間を最小にできるため、迅速で簡単なデータ取得が可能になります。