MFMモーターフィルターモジュール

説明

設計の主な特徴

  • アンプの出力スイッチングノイズを最小限におさえるためのPWMノイズフィルター
  • 設置と配線が簡単なモジュラーデザインのパネルマウント
  • 出力が最大340 V DCのアンプと連動
  • 10 Aの連続電流定格

AerotechのMFMノイズフィルターモジュールは、PWM(パルス幅変調)切り替えサーボアンプから発生する伝導回線ノイズを低減するために使われます。 MFMは、アンプから発生する出力スイッチングノイズを低減するため、MP、CP、HPe、またはBAシリーズアンプで使用します。 伝導ノイズに敏感な電子機器で使用する場合は、MFMインラインフィルターが役立ちます。 MFMはPWMアンプとサーボモーターの間に設置してください。 UFM入力電源フィルターと併用することで、PWMアンプの伝導ノイズは著しく低減します。

仕様

MFMフィルターの仕様

入力電圧 VAC 0340 V DC
出力電圧 VAC 0340 V DC
連続電流 Apk 10 Apk
ピーク電流 Apk 30 Apk

寸法

注文情報

MFMモーターフィルターモジュール

オプション 説明
MFM1 モーターフィルターモジュール。 10 dBまでの伝導スイッチングノイズを低減するPWMドライブ出力フィルター。 CP/HPeアンプで使用可能な12インチの10 Aケーブル
MFM2 モーターフィルターモジュール。 10 dBまでの伝導スイッチングノイズを低減するPWMドライブ出力フィルター。 MPアンプで使用可能な12インチの5 Aケーブル