ドラムライター

説明

設計の主な特徴

  • ドラム加工に必要なリニアおよび回転軸を含む、完全なモーションサブシステム
  • エアベアリングまたは機械ベアリング製品
  • カスタマイズ可能なサイズと構成
  • <100 nmライン間精度
  • 最大ドラム長2.5 m
  • 最大ドラム重量1000 kg
  • 先進的なコントロールプラットフォームとドライブ電子回路

Aerotechのドラム書き込みモーションサブシステムは、様々なドラム製造工程における難しい要望に応えられるようカスタマイズされています。 システムは主に、ロールツーロールまたはロールツーシート方式で使用するドラムの書き込み、インプリンティング、または記録に対応しています。

機械的利点

  • 加工中の動的ドラムの安定性を最大にする、主軸台と心押し台の設計
  • 形状を最小限に抑える高分解能リニアおよび回転軸
    • サブナノメートルのリニアおよびサブ秒角回転分解能
  • レーザーの自動フォーカスを行うための追加軸が使用可能
  • 最長3 mのリニアエアベアリングにより、2.5 mを超えるドラムも可能
  • 形状起因のエラーを最小限に抑える、軸間の精密アライメント
    • 5秒角の直交性アライメント
    • 交点アライメントの0.001インチ軸
  • リニア手動軸がドラムの積み込みと固定を支援

高度なA3200コントロールプラットフォーム

  • 高度なA3200コントロールシステム内の、最新のマシン制御機能とプログラミング構造
  • クイックレスポンス用に内蔵されたレーザーの自動フォーカスループ
  • Aerotechの位置同期出力(PSO)を用いた位置に基づくレーザー出力機能により、ライン間精度がの一貫性を保持
  • リニアアンプが電気ノイズに起因するエラーを排除

 

詳細については、高精度ドラム転写のための高度なモーションコントロールについての白書を参照してください。

寸法

注文情報

お客様の要件について、是非ともAerotechの応用エンジニアまでご相談ください。