Nservoサーボコントローラ

説明

設計の主な特徴

  • お客様の既存システムに組み込むことで制御を刷新、投資設備の寿命を延長
  • 2本(標準)または4本の閉ループサーボ軸をサポート
  • あらゆるアンプを駆動する三相±10 Vの出力を各軸に装備。
  • FireWireを使用できるサーボコントローラで配線を簡単化
  • ブラシ、ブラシレス、およびステッピングモーターの操作に合わせて設定可能なソフトウェア
  • オプションのイーサネットポートで追加のI/Oを接続
  • CE認可済み; 2011/65/EU RoHS 2指令に準拠
  • エンコーダまたはレゾルバによるフィードバック受信
  • コネクタオプションには、ターミナルブロック、DコネクタおよびレガシーOP500コネクタのサポートブロックが含まれる。配線と切り替えの時間を短縮

Nservoはデジタルの2軸または4軸(位置と速度)のサーボコントローラで、最大20 kHzのサンプルレートを備えています。 エンコーダまたはレゾルバと互換性があり、DC ±10 Vの三相コマンドをあらゆるアンプに提供します。 11系統のデジタル入力、8系統のデジタル出力、4系統のアナログ入力、2系統のアナログ出力(アンプを駆動する8系統のアナログ出力の他に)、そして拡張可能I/Oを備え、NservoはシステムI/Oの要件をほぼ満たすことができます。 Ndriveシリーズと同様、4線式ケーブルが1本あれば、PCのモーションジェネレータと連動させることもできます。他にもリミット、ESTOP、ブレーキ、補助フィードバック入力、高速ラッチ入力、イーサネットなどの機能が満載です。

AerotechのNservoは、 Automation 3200 システムのネットワークデジタルドライブ(Ndrive、NLdrive、NCdrive、およびNpaq)を補完し、業界標準のアナログ相互コンダクタンスアンプ(電圧コマンド、電流出力)によってAerotechのデジタルドライブネットワークへの接続を可能にします。 IEEE-1394 (FireWire®)通信バスで接続されているため、

標準のNservo (Nservo-DB)は、AerotechのBAアンプシリーズなどのアナログサーボアンプを備えた既存のAerotechシステムをAutomation 3200にアップグレードする際に使用できます。 AerotechのDR300/DR500/DR600/DR800ドライブラックも、-OPオプションを付けたNservoでアップグレード可能です。 -TBオプションを付けたNservoは、Aerotech製でないサードパーティのサーボアンプをA3200のプラットフォームに接続できます。

仕様

Nservoの仕様

特徴一覧:
2本(標準)または4本の閉ループサーボ(位置と速度)軸をサポート。
各軸には三相±10 Vの出力を装備。 2系統の出力を直接DACが駆動し、3つ目の出力は最初の2つの合計となり、整流モーターの三相が生成される。
最大5チャンネルの、32 MHzラインドライバ直角位相エンコーダ入力。
各軸において、24 Vの耐電圧性を持つ、光絶縁型CW、CCW、ホームおよびドライブのエラー入力には、内部5 V電源もしくは外部電源を使用。
24 Vの耐電圧ドライブで軸ごとの出力が可能(オープンコレクタートランジスタ、シングルエンド、極性選択可能)
11系統のデジタル入力(光絶縁型8系統)。
8系統の光絶縁型デジタル出力(シンク&ソース。5~24 V)
4系統の16ビットアナログ入力。2系統はx1、x2.5、x4、x10の入力ゲインで差動入力
2系統の16ビットアナログ出力。
光絶縁型PSO出力(光学的に連結、オープンコレクター、差動)。
I/O接続はすべて着脱容易なコネクタを経由。
2つのFireWire® ポート。
専用の非常停止センス入力標準。
内部電源。
Ndrive、Npaqなどと同等なソフトウェア機能(電流ループのサポートは減少)
ブラシ、ブラシレス、およびステッピングモーターの操作に合わせて設定可能なソフトウェア
エンコーダ、リミットなど用のDC 5 V、500 mAユーザー出力。
フェールセーフブレーキコントロールの出力(オープンコレクター)
4系統のオープンコレクターモード補助(U500/U600対応)出力。
高速位置ラッチ入力。
48ビットのプログラム可能なI/O、ユーザーはバイト数で入出力を判別可能。
4軸R/Dフィードバックモジュール用拡張コネクタ。
オプションのイーサネットポート。
DR500インターフェースなどのレガシーOP500コネクタサポート(4軸標準)。
CE認可済み、2011/65/EU RoHS 2指令
  • Nservo-DB2 (標準)/-DB4 Hardware
    Nservo-DB2 (標準)/-DB4 Hardware
  • Nservo-OP Hardware
    Nservo-OP Hardware
  • Nservo-TB2/-TB4 Hardware
    Nservo-TB2/-TB4 Hardware

寸法

注文情報

Nservoの注文情報

オプション 説明
NSERVO-DB2 アナログアンプ用25ピンDスタイルエンコーダ/ドライブコネクタが付いた、2軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、および8系統のデジタル出力を含む。
NSERVO-DB4 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用25ピンDスタイルエンコーダ/ドライブコネクタが付いた、4軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、および8系統のデジタル出力を含む。
NSERVO-TB2 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用ねじ込み端子エンコーダ/ドライブコネクタが付いた、2軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、および8系統のデジタル出力を含む。
NSERVO-TB4 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用ねじ込み端子エンコーダ/ドライブコネクタが付いた、4軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、および8系統のデジタル出力を含む。
NSERVO-OP Aerotech製品DR300、DR500、BB500、BB501、U600、U500などのレガシーインターフェース。
NSERVO-ENET-DB2 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用25ピンDスタイルエンコーダ/ドライブコネクタが付いた、2軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、8系統のデジタル出力、およびイーサネットを含む。
NSERVO-ENET-DB4 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用25ピンDスタイルエンコーダ/ドライブコネクタが付いた、4軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、8系統のデジタル出力、およびイーサネットを含む。
NSERVO-ENET-TB2 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用ねじ込み端子エンコーダ/ドライブコネクタが付いた、2軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、8系統のデジタル出力、およびイーサネットを含む。
NSERVO-ENET-TB4 アナログアンプ、ピエゾドライブ、またはガルバノ用ねじ込み端子エンコーダ/ドライブコネクタが付いた、4軸ドライブインターフェースボード。 単相または二相の電流コマンド、8系統のデジタル入力、8系統のデジタル出力、およびイーサネットを含む。
NSERVO-ENET-OP Aerotech製品DR300、DR500、BB500、BB501、U600、U500などのレガシーインターフェース(イーサネットオプション付き)。

PSOオプション

オプション 説明
-DPSO 2軸PSO
-TPSO 3軸PSO
-OPTO2 PSO用光アイソレータ、要DPSO/TPSOオプション(+15 V未満、高速、低電流、6N136)
-OPTO3 PSO用光アイソレータ、要DPSO/TPSOオプション(+30 V未満、低速、低電流、4N33)
-OPTO4 PSO用光アイソレータ、要DPSO/TPSOオプション(TIL117-M、40 KHz、5-2DC 5 V、50 ma)

レゾルバ/インダクトシンオプション

オプション 説明
-RDP2-10K Nservo 2チャネルRDP-10K
-RDP2-7.5K Nservo 2チャネルRDP-7.5K
-RDP2-5K Nservo 2チャネルRDP-5K
-RDP4-10K Nservo 4チャネルRDP-10K
-RDP4-7.5K Nservo 4チャネルRDP-7.5K
-RDP4-5K Nservo 4チャネルRDP-5K

アップグレードオプション

オプション 説明
-UPGRADE U500/U600システムからのアップグレード

その他のオプション

オプション 説明
-LMT5V 5 Vの内部電源を用い、リミットへの電力供給と光絶縁の除去を行う
-SE シングルエンドアナログ入力