AMG-GRギア駆動ジンバル

説明

設計の主な特徴

  • 経済的、高精度、2軸のジンバルデザイン
  • 角度90°の移動から連続回転
  • 円形(100~300 mm)セルとカスタムセル
  • 前面反射オプションと中央セルオプション
  • ダイレクトエンコーダ オプションによる高い精度/繰り返し精度
  • サーボモーターとステッピングモーター使用可能

AMG-GRシリーズのギアドライブモーター駆動ジンバルは、経済的で高精度の仰角/方位角位置決めを行います。 このジンバルは、堅牢で経済的なAGRシリーズの回転ステージを主な位置決め要素として構築されています。 AMG-GRシリーズにはさまざまな標準移動範囲を備えたモデルがあります。 設計の柔軟性によって、移動は容易にカスタマイズできます。 多様な精度等級、モータータイプ、セル設計により、このシリーズはセンサー較正からレーザービームステアリングまでさまざまな用途に理想的です。

セル設計の多様性

AMG-GRには直径100~300 mmの円形セルが標準装備されています。 セルの取り付けオプションには、中央(平衡)セルまたは前面反射オプション(光学部品の前面が回転軸上に位置)があります。 円形以外の光学部品、カメラ、センサー、直径300 mmを超える円形光学部品などに対応するために、特殊な構成もあります。 モジュラー設計を採用しているため、ジンバルミラーセルの変更や形状の異なるセルとの交換が容易で、センサーや他の非対称形状のペイロードにも対応します。

柔軟なオプション

AMG-GRにはブラシレスサーボまたはステッピングモーターを取り付けることができます。 各種のドライブおよびコントロールと組み合わせて完全なシングルソースソリューションも提供できます。

高い精度と繰り返し精度が求められる分野では、セルとヨークに直接エンコーダを取り付けたモデルもご利用いただけます。 真空対応バージョンも提供しています。

仕様

AMG-GRの仕様

モデルAMG100GRAMG150GRAMG200GRAMG300GR
移動範囲(1) 180°、連続回転(方位角)、90°、315°、連続回転(仰角)
クリアアパーチャ 100 mm 150 mm 200 mm 300 mm
精度(2) 未較正 方位角: 0.87 mrad (180秒)
仰角: 0.87 mrad (180 arc sec)
方位角: 0.58 mrad (120秒)
仰角: 0.58 mrad (120 arc sec)
較正時

方位角: 0.29 mrad (60秒)
仰角: 0.29 mrad (60 arc sec)

方位角: 0.24 mrad (50秒)
仰角: 0.24 mrad (50 arc sec)
ダイレクトエンコーダで未較正

方位角: 97 µrad (20秒)
仰角: 97 µrad (20 arc sec)

ダイレクトエンコーダで較正済み

方位角: 58 µrad (12秒)
仰角: 58 µrad (12 arc sec)

方位角: 49 µrad (10秒)
仰角: 49 µrad (10 arc sec)
繰り返し精度
(双方向)(2)
ダイレクトエンコーダなし 方位角: 0.22 mrad (45秒)
仰角: 0.22 mrad (45 arc sec)
ダイレクトエンコーダ付き 方位角: 39 µrad (8秒)
仰角: 39 µrad (8 arc sec)
方位角: 29 µrad (6秒)
仰角: 39 µrad (8 arc sec)
方位角: 29 µrad (6秒)
仰角: 29 µrad (6 arc sec)
傾斜誤差運動 49 µrad (10 arc sec)
直交性 73 µrad (15 arc sec)
ギア比 方位角: 51:1仰角: 51:1 方位角: 51:1仰角: 51:1 方位角: 85:1仰角: 67:1 方位角: 117:1仰角: 85:1
最大速度(3) サーボモーター 180°/s
ステッピングモーター 60°/s 40°/s(方位角)
60°/s(仰角)
40°/s
方位角アパーチャ
(180度方位角移動でのみ利用可能)
50 mm 50 mm 100 mm 150 mm
最大。 耐荷重 12 kg 15 kg 25 kg 45 kg
荷重をオフセットするためのAZ/ELシャフトへの最大トルク荷重 2.5 N·m 2.5 N·m 3.5 N·m 12 N·m
質量(BMSサーボモーター付き) 標準 9.7 kg 11.9 kg 18.7 kg 32.2 kg
ダイレクトエンコーダ 11.1 kg 13.3 kg 20.8 kg 35.1 kg
材料 アルミ製
  1. ご要望に応じて、カスタム移動も提供いたします。
  2. 各ステージで認定済み。 仕様は軸あたりです。
  3. 最大速度は荷重によって異なります。 荷重が不均衡の場合は、Aerotechの応用エンジニアまでお問い合わせください。 十分な電圧・電流を備えた適切なアンプを選択する必要があります。

電気的特性

 AMG100GRAMG150GRAMG200GRAMG300GR
ドライブシステム ブラシレスまたはステッピングモーター搭載の精密ウォームギア
フィードバック 標準 ロータリーサーボモーターフィードバック:
TTLデジタルエンコーダまたは1 Vppアナログエンコーダのいずれかを選択します(注文オプション表を参照)
ダイレクトエンコーダ AZ/ELステージシャフトに正面取り付けされた非接触ロータリーエンコーダ
方位角: 15744 Lines/Rev仰角: 15744 Lines/Rev 方位角: 15744 Lines/Rev仰角: 15744 Lines/Rev 方位角: 23600 Lines/Rev仰角: 18000 Lines/Rev 方位角: 31488 Lines/Rev
仰角: 23600 Lines/Rev
最大バス電圧 BM DC 80V 80 V DC (仰角) 340 V DC (方位角) DC 340V
BMS DC 340V
SM(1) DC 40V
リミットスイッチ 5V、通常閉
ホームスイッチ ニアリミット(制限付き移動ステージの場合)
  1. Aerotechのコントローラを使ったSMモーターの場合、アンプのバス電圧は記載されている数値の2倍になります。

推奨コントローラ

多軸 A3200 Ndrive MP/Ndrive CP/Npaq
Ensemble EnsembleMP/EnsembleCP/Epaq
単軸 Soloist Soloist MP/Soloist CP

寸法

注文情報

AMG-GRギア駆動ジンバル

オプション 説明
AMG100GR AMG100GRギア駆動ジンバル、直径100mmのクリアアパーチャ付き
AMG150GR AMG150GRギア駆動ジンバル、直径150mmのクリアアパーチャ付き
AMG200GR AMG200GRギア駆動ジンバル、直径200mmのクリアアパーチャ付き
AMG300GR AMG300GRギア駆動ジンバル、直径300mmのクリアアパーチャ付き

セル(必須)

オプション 説明
-C0 セルなし
-C1 前面反射セルオプション
-C2 中央配置セル

ダイレクトロータリーフィードバック(オプション)

オプション 説明
-E1 インクリメンタルエンコーダ、1 Vpp、1軸あたり1つ
-E2 インクリメンタルエンコーダ、デジタルTTL出力、x5乗算、1軸あたり1つ
-E3 インクリメンタルエンコーダ、デジタルTTL出力、x50乗算、軸あたり1つ

方位角移動(必須)

オプション 説明
-TR180 移動量限定、+/- 90度
-TRCNT 連続移動

方位角モーター(必須)

オプション 説明
-M0 モーターなし
-M1 BMS35ブラシレスサーボモーター、2000ラインTTLエンコーダ(AMG100GR、AMG150GR)付属
BMS60ブラシレスサーボモーター、2500ラインTTLエンコーダ(AMG200GR、AMG300GR)付属
-M2 BMS35 brushless servomotor with 2000-line TTL encoder and brake (AMG100GR, AMG150GR)
BMS60 brushless servomotor with 2500-line TTL encoder and brake (AMG200GR, AMG300GR)
-M3 BMS35 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder (AMG100GR, AMG150GR)
BMS60 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder (AMG200GR, AMG300GR)
-M4 BMS35 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder and brake (AMG100GR, AMG150GR)
BMS60 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder and brake (AMG200GR, AMG300GR)
-M5 BM22ブラシレスサーボモーター、2000ラインTTLエンコーダ(AMG100GR、AMG150GR)付属
BM75ブラシレスサーボモーター、2500ラインTTLエンコーダ(AMG200GR、AMG300GR)付属
-M6 BM22ブラシレスサーボモーター、2000ラインTTLエンコーダ(AMG100GR、AMG150GR)付属
BM75ブラシレスサーボモーター、2500ラインTTLエンコーダ(AMG200GR、AMG300GR)付属
-M7 BMS35ステッピングモーター(AMG100GR、AMG150GR)
BM75ブラシレスサーボモーター、1000ライン1 Vppエンコーダ(AMG200GR、AMG300GR)付属
-M8 BM75ブラシレスサーボモーター1000ライン1 Vppエンコーダおよびブレーキ(AMG200GR、AMG300GR)付属
-M9 SM60ステッピングモーター(AMG200GR、AMG300GR)

仰角移動(必須)

オプション 説明
-TR090 移動量限定、+/- 45度
-TR315 移動量限定、+/- 157.5度
-TRCNT 連続移動

仰角モーター(必須)

オプション 説明
-M0 モーターなし
-M1 BMS35ブラシレスサーボモーター、2000ラインTTLエンコーダ(AMG100GR、AMG150GR、AMG200GR)付属
BMS60ブラシレスサーボモーター、2500ラインTTLエンコーダ(AMG300GR)付属
-M2 BMS35 brushless servomotor with 2000-line TTL encoder and brake (AMG100GR, AMG150GR, AMG200GR)
BMS60 brushless servomotor with 2500-line TTL encoder and brake (AMG300GR)
-M3 BMS35 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder (AMG100GR, AMG150GR, AMG200GR)
BMS60 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder (AMG300GR)
-M4 BMS35 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder and brake (AMG100GR, AMG150GR, AMG200GR)
BMS60 brushless servomotor with 1000-line 1 Vpp encoder and brake (AMG300GR)
-M5 BM22ブラシレスサーボモーター、2000ラインTTLエンコーダ(AMG100GR、AMG150GR、AMG200GR)付属
BM75ブラシレスサーボモーター、2500ラインTTLエンコーダ(AMG300GR)付属
-M6 BM22ブラシレスサーボモーター、2000ラインTTLエンコーダ/ブレーキ(AMG100GR、AMG150GR、AMG200GR)付属
BM75ブラシレスサーボモーター、2500ラインTTLエンコーダ/ブレーキ(AMG300GR)付属
-M7 SM35ステッピングモーター(AMG100GR、AMG150GR、AMG200GR)
BM75ブラシレスサーボモーター1000V 1 Vppエンコーダ(AMG300GR)付属
-M8 BM75ブラシレスサーボモーター、1000ライン1 Vppエンコーダ/ブレーキ(AMG300GR)付属
-M9 SM60ステッピングモーター(AMG300GR)

取付板(オプション)

オプション 説明
-MP 光学テーブル取付板
    *注: 連続方位角移動オプションを選択した場合、-MPオプションが必要

計測(必須)

オプション 説明
-PL0 計測性能プロットなし
-R1 計測、性能プロットで較正なし
-PL2 計測、性能プロットによる較正済み(HALAR)

統合(必須)

Aerotechは、標準とカスタムの両方の統合サービスを提供し、お客様のシステムをできるだけ早く完全に運用できるよう支援します。 このシステムでは、次の標準統合オプションを使用できます。 必要な統合レベルがわからない場合、または御社のシステムにカスタム統合サポートが必要な場合は、Aerotechにご相談ください。

オプション 説明
-TAS 統合 - システムとしてテスト
一緒に使用される完全なシステム(例: ドライブ、コントローラ、ステージ)として、コンポーネントグループのテスト、統合、および文書化を行います。 これには、パラメータファイルの生成、システムチューニング、およびシステム構成の文書化が含まれます。
-TAC 統合 - コンポーネントとしてテスト
個々のアイテムを一緒に出荷される個別のコンポーネントとしてテストおよび統合します。 これは通常、スペアパーツ、交換部品、または一緒に使用されないアイテムに使用されます。 こうしたコンポーネントは、より大きいシステムの一部である場合もあればそうでない場合もあります。