AGCギア駆動ゴニオメーター

説明

設計の主な特徴

  • 360°の視界で積み込みを確認しながら±45°の回転位置決め
  • 回転中心を共有する積み重ね設計
  • 精密なウォームギアドライブによる抜群の精度と繰り返し精度
  • ダイレクトエンコーダオプション
  • 水平または垂直の取り付け方向
  • 高耐荷重

AGCモーター駆動ゴニオメーターは、ペイロードを回転中心に置いたり、2本の回転軸が中心を共有したりする場面で90°の角度移動を行うのに使用します。 AGCゴニオメーターは、標準の光学テーブルおよびAerotechの回転ステージに取り付けて、3軸の交点まわりでロール、ピッチ、ヨーを提供するように設計されています。 柔軟なステージシリーズは、光学アライメント、ペイロードの傾斜/チルト、ビームステアリング、センサー較正、レーザー用途、自動製造や試験、多軸回折システムなどに最適です。

構造の主な特徴

AGCシリーズの各製品は、積み重ねられるようにサイズ設計されており、積み重ねによって3軸回転システムを構成し、3本の回転軸が1つの交点を共有します。 そのため、特殊なアダプタプレートや結合具を使わなくても、標準のステージプラットフォームでコンパクトなピッチ/ロール/ヨーシステムが容易に作成できます。 AGCステージのドライブ機構は、バックラッシュを削減するために与圧された精密ギアと対応するウォームで構成されています。 すべてのAGCステージには、±45°の移動を規定するために光学リミットスイッチとハードストップが搭載されています。

画期的なフィードバックテクノロジーにより、安定した性能が保たれ、ステージの耐用期間において性能の変動はほとんどありません。 ウォームの摩耗を補正するために常に調整が必要な劣悪な設計に比べると、大きな違いと言えます。 すべてのステージテーブルトップには硬質皮膜加工のアルミが施され、ステンレス製のHeli-Coil® インサートにより摩耗が防止されます。

柔軟なオプション

オプションには、柔軟に選択できるさまざまなモーターおよびステージ移動範囲に沿って取り付けられるダイレクトエンコーダがあり、優れた繰り返し精度を提供し、ヒステリシスとバックラッシュを最小限に抑えます。 10-6 トールの低圧力で使用できるように、真空対応モデルも提供しています。

モーターとドライブ

AGCステージの標準構成にはAerotechのブラシレスサーボモーターが含まれます。 各種のドライブおよびコントロールと組み合わせて完全なシングルソースソリューションも提供できます。

仕様

機械的仕様

モデルAGC85AGC160AGC245
移動範囲 ±45°
精度(1) ±12 arc sec
分解能(最小インクリメンタル運動) 3 arc sec
双方向繰り返し精度(1) ±10 arc sec
単方向繰り返し精度(1) ±5 arc sec
傾斜誤差運動 40 arc sec
ギア比 152:1 192:1 288:1
最大速度 30°/s
回転の呼び半径 125 mm 200 mm 300 mm
テーブルトップから回転中心までの距離 85 mm 160 mm 245 mm
最大トルク(連続) 18 N-m 24 N-m 44 N-m
耐荷重(2) 軸方向 20 kg 30 kg 50 kg
モーメント 20 N-m 30 N-m 50 N-m
ステージ質量 5.6 kg 12.5 kg 24.3 kg
材料 アルミ製本体/アルマイト仕上げ
MTBF (平均故障間隔) 5000時間
  1. 各ステージで認定済み。 較正オプションを使った直接のエンコーダフィードバックが必要で、Aerotechのコントローラに対してテスト済みです。
  2. 軸積み込みが記載されています。
  3. 仕様は回転中心で測定された単軸システムに対するものです。 多軸システムの性能はペイロードと作業点によって決まります。 多軸または非標準用途については、工場にご相談ください。
  4. 荷重の質量中心は、ピボット点から80 mm上の直径160 mmの境界容積を超えてはなりません。

電気的特性

モデルAGC85AGC160AGC245
ドライブシステム ウォームギアアセンブリ
フィードバック ドライブモーターのロータリーエンコーダと非接触ダイレクトエンコーダ
最大バス電圧 DC 320V
リミットスイッチ 5V、通常閉
ホームスイッチ ニアリミット
モーターのライン数(数/回転) アナログ 1000 1000 1000
デジタル 2500 2500 5000
ダイレクトエンコーダ半径(mm) 116.7 195.7 294.2
電気分解能 モーターエンコーダ アナログ-基本
(秒角)
8.5263 6.7500 4.500
デジタル
(秒角)
0.8526 0.6750 0.2250
ダイレクトエンコーダ アナログ-基本
(秒角)
35.3496 21.0797 14.0221
デジタル50倍
(秒角)
0.1767 0.1054 0.0701

推奨コントローラ

モデルAGC85AGC160AGC245
多軸 A3200/Npaq Ndrive CP20 Ndrive CP20 Ndrive CP20
Ensemble Ensemble CP20 Ensemble CP20 Ensemble CP20
単軸 Soloist Soloist CP20 Soloist CP20 Soloist CP20

寸法

注文情報

AGCシリーズのギア駆動ゴニオメーター

オプション 説明
AGC85 ギア駆動ゴニオメーター、湾曲半径85 mm
AGC160 ギア駆動ゴニオメーター、湾曲半径160 mm
AGC245 ギア駆動ゴニオメーター、湾曲半径245 mm

移動量(必須)

オプション 説明
-TR010 移動量限定、±5度
-TR015 移動量限定、±7.5度
-TR020 移動量限定、±10度
-TR025 移動量限定、±12.5度
-TR030 移動量限定、±15度
-TR035 移動量限定、±17.5度
-TR040 移動量限定、±20度
-TR045 移動量限定、±22.5度
-TR050 移動量限定、±25度
-TR060 移動量限定、±30度
-TR070 移動量限定、±35度
-TR080 移動量限定、±40度
-TR090 移動量限定、±45度

モーター(オプション)

オプション 説明
-M1 デジタルエンコーダ付きブラシレスサーボモーター、AGC85(2500ラインTTLエンコーダを備えたBM75)、AGC160(2500ラインTTLエンコーダを備えたBM130)、AGC245(5000ラインTTLエンコーダを備えたBM200)
-M2 デジタルエンコーダとブレーキ付きブラシレスサーボモーター、AGC85(2500ラインTTLエンコーダを備えたBM75)、AGC160(2500ラインTTLエンコーダを備えたBM130)、 AGC245(5000ラインTTLエンコーダを備えたBM200)
-M3 ブラシレスサーボモーター、1000ライン1 Vppエンコーダ、 AGC85(BM75); AGC160(BM130); AGC245(BM200)
-M4 ブラシレスサーボモーター、1000ライン1 Vppエンコーダとブレーキ; AGC85(BM75); AGC160(BM130); AGC245(BM200)

モーターの定位置(必須)

オプション 説明
-2 底面ケーブル出口(オプションの方向)
-3 左面ケーブル出口(標準の定位置)
-4 上面ケーブル出口(オプションの方向)
-5 右側ケーブル出口(オプションの方向)

ダイレクトロータリーフィードバック(オプション)

オプション 説明
-E1 インクリメンタルエンコーダ、1 Vpp
-E2 インクリメンタルエンコーダ、デジタルTTL出力、x50乗算

注: 2つのフィードバックループでAGCステージを使用する場合、ドライブモーターには増幅正弦波エンコーダと適切なエンコーダ内挿(MXH、MXU、またはMXR)が必要になります。

統合(必須)

Aerotechは、標準とカスタムの両方の統合サービスを提供し、お客様のシステムをできるだけ早く完全に運用できるよう支援します。 このシステムでは、次の標準統合オプションを使用できます。 必要な統合レベルがわからない場合、または御社のシステムにカスタム統合サポートが必要な場合は、Aerotechにご相談ください。

オプション 説明
-TAS 統合 - システムとしてテスト
一緒に使用される完全なシステム(例: ドライブ、コントローラ、ステージ)として、コンポーネントグループのテスト、統合、および文書化を行います。 これには、パラメータファイルの生成、システムチューニング、およびシステム構成の文書化が含まれます。
-TAC 統合 - コンポーネントとしてテスト
個々のアイテムを一緒に出荷される個別のコンポーネントとしてテストおよび統合します。 これは通常、スペアパーツ、交換部品、または一緒に使用されないアイテムに使用されます。 こうしたコンポーネントは、より大きいシステムの一部である場合もあればそうでない場合もあります。