EtherCATフィールドバス

説明

設計の主な特徴

  • EtherCAT I/Oインターフェース
  • マスター構成
  • I/Oアドレスはすべてのモジュール(オペレータインターフェース、モーションプログラム、スコープツール)で使用するためにコントローラのタグとして自動的にマッピングされます。
  • PCIフォームファクター
  • RJ45コネクタ2個
  • Sycon.netまたはBeckhoffの構成ツールで設定

EtherCAT I/OはA3200自動化マシンコントローラに緊密に統合されています。 デバイスは、フィールドバスネットワークトポロジー定義を生成するカードセットアップツールで構成されています。 そのため、ユーザーは、AeroBasic™プログラミング言語に用意されている分かりやすいタグ名で直接I/Oをマップでき、ScopeやMotion Composerなどのアプリケーションでマップできます。

すべてのEtherCAT I/Oは、入出力メモリに簡単にマッピングできます。 プログラマは、システムロジック、モーション、オペレータインターフェース、スコープツールにわたって共有されるタグでI/Oポイントをマップできます。 スコープツールでは、タグは他のI/O (ドライブI/Oを含む)、モーションの状態(位置、速度、加速、またはモーターの電流)、または他のタグと一緒にプロットすることもできます。 共有タグは、すべてのプログラミング言語自動的に名前で使用できます。 プログラミング言語には、AeroBasic™、LabVIEW®、C、または.NETがあります。 EtherCATは完全なA3200マシンコントローラに標準のインターフェースを提供します。

仕様

EtherCATの仕様

EtherCATマスター
最大スレーブ数

200

サイクリックデータ(最大)

11520バイト

アサイクリックデータ(最大)

SDOマスター/スレーブ
SDOマスター/スレーブ

ケーブル長

100 m

データ転送レート

100 Mbits/s

ハードウェア診断

カード1枚あたり3つのLED

寸法

120 mm x 86 mm x 18.5 mm (長さ x 幅 x 高さ)

動作温度

-20~55°C

注文情報

EtherCATハードウェア注文情報

オプション 説明
-Hilscher-RJ45 Hilscher-RJ45はフィールドバス接続に使用するPCIカードです。特定のフィールドバス構成は、ソフトウェアとともに注文したコントローラのオプションによって決まります。 現在、EtherCATおよびPROFINETをサポートしています。

EtherCAT I/Oの注文情報

オプション 説明
ECAT-EK1100 EtherCATバスカプラー。 E-Bus I/OモジュールをEtherCatネットワークに接続します。 入力電力DC 24V。 ECAT-EL9011モジュールはECAT-EK1100 E-Busの終端に必須です。  
注: DC 24 Vの電源が必要です。
注: 以下に示したすべてのI/Oおよび電源供給は、ECAT-EK1100と接続し、E-Busを介して通信します。
ECAT-EL9505 E-Bus電源供給。 E-busのDC 24 V電力をDC 5 Vに変換します。  0.5 Aの出力電流と90 mAのE-Bus消費電流。 ECAT-EL95xxの右側に配置されるすべてのモジュールは、指定された電圧で動作します。 追加のECAT·EL95xxモジュールで複数の電圧をサポートできます。 DC 24 Vの入力電圧および出力電圧は電気的に絶縁されていません。
ECAT-EL9508 E-Bus電源供給。 E-busのDC 24 V電力をDC 8 Vに変換します。  0.5 Aの出力電流と90 mAのE-Bus消費電流。 ECAT-EL95xxの右側に配置されるすべてのモジュールは、指定された電圧で動作します。 追加のECAT·EL95xxモジュールで複数の電圧をサポートできます。 DC 24 Vの入力電圧および出力電圧は電気的に絶縁されていません。
ECAT-EL9510 E-Bus電源供給。 E-busのDC 24 V電力をDC 10 Vに変換します。  0.5 Aの出力電流と90 mAのE-Bus消費電流。 ECAT-EL95xxの右側に配置されるすべてのモジュールは、指定された電圧で動作します。 追加のECAT·EL95xxモジュールで複数の電圧をサポートできます。 DC 24 Vの入力電圧および出力電圧は電気的に絶縁されていません。
ECAT-EL9512 E-Bus電源供給。 E-busのDC 24 V電力をDC 12 Vに変換します。  0.5 Aの出力電流と90 mAのE-Bus消費電流。 ECAT-EL95xxの右側に配置されるすべてのモジュールは、指定された電圧で動作します。 追加のECAT·EL95xxモジュールで複数の電圧をサポートできます。 DC 24 Vの入力電圧および出力電圧は電気的に絶縁されていません。
ECAT-EL9515 E-Bus電源供給。 E-busのDC 24 V電力をDC 15 Vに変換します。  0.5 Aの出力電流と90 mAのE-Bus消費電流。 ECAT-EL95xxの右側に配置されるすべてのモジュールは、指定された電圧で動作します。 追加のECAT·EL95xxモジュールで複数の電圧をサポートできます。 DC 24 Vの入力電圧および出力電圧は電気的に絶縁されていません。
ECAT-EL1018 E-bus8チャネルDC24 Vデジタル入力端子、10マイクロ秒のフィルター、E-bus。 入力ごとに1本のワイヤ接続(電圧印加で入力が"オン")。
ECAT-EL2008 E-bus8チャネルデジタル出力端子、DC24 V、チャネルごとに0.5 A、E-bus。 出力ごとに1本のワイヤ接続。
ECAT-EL3068 E-bus8チャネルのアナログ入力端子、0~10 V、シングルエンド、12ビットの分解能、>130 Kオーム入力抵抗、1 kHz入力フィルター、E-bus.
ECAT-EL4008 E-bus8チャネルのアナログ出力端子、0~10 V、シングルエンド、12ビットの分解能、E-bus.
ECAT-EL9011 E-Bus終端モジュール。 ECAT-EK1100バスカプラーI/Oアセンブリごとに終端モジュールが1つ必要です。

*Automation 3200で-ETHERCATコントローラのオプションが必要です。