A3200 Motion Simulator

説明

設計の主な特徴

  • Aerotech Motion SimulatorはA3200 Motion Composerのライブラリ上に構築
  • ユーザーフレンドリーなWindows環境のグラフィカルユーザーインターフェース
  • 1軸、2軸、または3軸のモーションシミュレーターを操作
  • グラフィカルなモーションプロファイルPVAT (位置(P)、速度(V)、加速度(A)、時間(T))をインポート
  • PVAT GUI (グラフィカルユーザーインターフェース)プロファイルの生成と編集
  • イベントをリアルタイムでトリガーするための多軸位置同期出力(PSO)
  • アナログ入力からの軌道追跡
  • 周波数応答モードによって入力モーションの正弦波スイープを可能にし、入力励起に対する顧客装置の周波数応答を測定
  • 反復学習機能による位置誤差の最小化
  • GUI (グラフィカルユーザーインターフェース)のリモートクライアントサーバーモードによって、並列処理機能と制御がイーサネットネットワーク経由で実行可能
  • 高調波消去機能によって、正弦波運動で生じたモーションの位置誤差を最適化
  • サードパーティのモーションコントローラ、アンプ、またはソフトウェア供給業者への依存なし

Aerotechの Motion Simulator ソフトウェアは、Windows®環境の使いやすいプログラムで、シンプルで高度な運動振動を生成してお客様の慣性センサーやシステムの試験・較正を行います。 Aerotech Motion Simulator ソフトウェアには、1~3軸モーションのシミュレーションを手動または自動で行うすべてのコントロールが含まれています。 GUI (グラフィカルユーザーインターフェース)は、ユーザーインターフェースと、サードパーティ開発ソフトウェアを必要としないプログラミング環境を提供します。 弊社のモーションコントローラには、お客様のご要望に応じて使い慣れた開発環境での簡単なプログラミングを可能にする、LabVIEW®ドライバ、Microsoft .NETドライバ、またはCドライバとサンプルコードが搭載されています。

Aerotech Motion Simulator – グラフィカル軌道作成、データ解析、強化されたマシン性能が統合された使いやすいツールキット

• 実行ごとの位置誤差を削減する学習アルゴリズムによって、システムの移動&整定結果を改善。

• プロファイルモードでは、既存の軌道をMATLAB® からインポート、または位置、速度および加速状態ベクトルから構成される他のプログラムを外部ファイルからインポートして、ユーザーのプロファイル入力を簡素化。

• 時間領域または周波数領域で軌道をプロットし、解析ツールを使用して詳細な動作評価を提供。

• 高速動作のプロトタイピングを提供するため、あらかじめ用意された構成要素を使用して多軸軌道を作成・修正。

• 軌道の複数回実行を重ねて、プログラムの変更による動作の変化を容易に確認可能。

• 軌道を作成してAeroBasic™プログラムにエクスポートし、モーション機能を最適化。 こうした保存機能を組み合わせて複雑なモーションシミュレーションを実行。

• 既存の軌道からFFT、最大値、最小値、RMSなどのデータ解析を行ってシステム性能を診断。

• データ入力ファイル形式にはExcel、CSV、またはMATLAB®を含む。 一部の軌道情報しかない場合(位置対時間または加速度対時間など)は、Motion Simulatorにより他の必須の状態変数が算出可能。