A3200 Status Utility

説明

Status Utilityは、最大32軸のステータス、すべてのコントローラタスク、いくつかの重要なコントローラステータスの詳細を表示するマシン最適化ツールです。

軸情報
  • ホーミングや有効化したコントローラ機能などの軸ステータス情報。
  • ハードウェアリミット、ホール効果センサー、エンコーダフィードバック信号などの軸I/O情報。
  • 接続された各Aerotechドライブの診断およびステータス情報。
  • 接続された各Aerotechドライブに関する詳細情報とステータス。
  • 現在の軸の障害ステータス。

追加情報
  • 各タスクのステータス情報。
  • パフォーマンスと内部カウンタを含むコントローラ情報。
  • データ収集ステータス。

カスタマイズ可能なインターフェース
  • 表示する軸と表示するタスクを選択します。
  • 「Keep Window On Top(ウィンドウを上に表示)」オプションを選択すると、ステータスを表示することができます。

カスタマイズされたデータのエクスポート
  • エクスポートするデータを軸、タスク、その他から選択します。
  • データを直接htmlファイルにエクスポートします。

Status Utilityは、強力で多様なセットアップおよびテストツールです。 詳細については、お問い合わせください。