ATT185傾斜テーブル

説明

設計の主な特徴

  • サブ秒角分解能
  • 分離した直交の傾斜運動
  • 高い熱安定性

ATT185シリーズ精密傾斜(ピッチ-ロール方向)テーブルは、機器の水平化、±10°の範囲を超えるコンポーネントの傾斜が可能です。 Aerotechの特許取得済み*サブ秒角分解能ドライブは、ATT185-3で0.2秒角、ATT185-5で0.1秒角の分解能を維持しつつ、ユーザーによる全角度範囲の素早いカバーを可能にします。 この独自のドライブによって、クリープもバックラッシュもほとんどない、優れた繰り返し精度を持ったテーブルが実現します。 こうしたテーブルには、分離した直交の軸方向運動のジンバルサポートを備えています。

傾斜テーブルの土台はいずれも、25 mm間隔にM6ねじ用のばか穴を備え、Aerotechのリニアもしくは回転並進ステージに適合できます。 テーブルは、ブラックアルマイト仕上げのアルミ製です。

仕様

機械的仕様

モデルATT185-3ATT185-5
範囲 ±10°
シンブル目盛 5.0 arc second 2.5 arc second
分解能(1) 0.2 arc second 0.1 arc second
最大荷重(水平方向)(2) 4.54 kg
材料 アルミ製
仕上げ 黒色アルマイト
重量 0.5 kg 1.41 kg
  1. 動作0.5°ごとの微細調整。
  2. 荷重はセンタリングするか、正確な傾斜を実現するために釣り合いを取ります。

寸法

  • ATT185

注文情報

ATT185マニュアルジンバル傾斜テーブル

オプション 説明
ATT185-3 3×3インチの取り付け面
ATT185-5 5x5インチの取り付け面
ATT185-TT1 メートル法による取り付けテーブルトップ
ATT185-TT2 ヤード・ポンド法による取り付けテーブルトップ