動画ライブラリ

会社概要

この10分間の動画では、弊社の特徴と顧客の産業分野の一端をご紹介します。 Aerotechがモーションサイエンスにこだわり続ける理由をご覧ください。

動画を見る»

Aerotech Infinite Field of View (IFOV)

従来のレーザースキャナシステムでは、レーザースポットサイズと視野が互いに関連しています。 すなわち、より大きな視野は、基本的な光学的原理のために、より大きなスポットサイズを必要とすることになります。 そうとすれば、希望の視野で光学系が提供できるより小さいスポットサイズが必要な場合はどうすればよいでしょうか?

動画を見る»

AerotechRCP-DELTAデルタロボットとコントローラ

RCP-DELTAコントロールシステムは、AerotechのA3200自動化コントローラを元にしています。 A3200のネットワークに接続された分散アーキテクチャによって、スケーラブルなプラットフォームが可能になり、追加ロボット、I/O、位置決めデバイスが簡単に統合できます。 さまざまなプログラミングインターフェースによって、開発者は自身のスキルや用途の要件に合致した環境で作業できるため、柔軟に導入できます。 外部センサーは、業界標準のフィールドバス(EtherCAT、 Modbus TCP、 Ethernet/IP™など)または、RCP-DELTAのリアルタイム機能を有効にしたWindows®オペレーティングシステムで動作するアプリケーションでサポートできます。

動画を見る»

加速対誤差 - 円筒形レーザー加工用途のバランス性能

ステント加工のような円筒形レーザーマイクロマシニング分野では、適切なコンポーネント品質を確保するには動的誤差を小さくすることが欠かせません。 この種の部品プロファイルは、要求されるカットパスと部品形状をワークピースに与えるために多くの鋭い方向転換が必要とします。

動画を見る»

自動アライメントアルゴリズム

AerotechのA3200コントローラには、電力処理量に基づいてシステムの位置を最適化するための自動アラインメントアルゴリズムが搭載されています。 コントローラは、アナログ電圧フィードバックを使用して電力レベルを監視して特定の位置に関連付け、ユーザー定義のパラメータに基づいて最高電力点でのモーションの最終位置を設定します。

動画を見る»

仮想ピボット点キネマティクス

A3200コントローラには、仮想ピボット点機能が組み込まれています。 ユーザーは、ROTATIONコマンドを使用して希望する回転中心に基づいてオフセット値をプログラムして、モーションシステム内で異なるモーション軸を特定の回転に関連付けることができます。 角運動のコマンドを与えると、リニアステージはXYZ空間内の同じ位置に回転中心を維持しながら補正するために移動します。

動画を見る»

オートフォーカス

自動フォーカスは、AerotechのAutomation 3200、Ensemble、Soloistのコントロールの標準機能です。これによって、センサーとの統合が大幅に簡素化され、表面測定や走査用途においてシステム性能を向上させることができます。

動画を見る»

Planar HDX - 超精密な2軸平面型エアベアリングステージ

半導体製造などのハイテク分野で超精密位置決めシステムを供給してきたAerotechの長い歴史は、主要なモーション技術の継続的発展・向上を可能にしました。 こうして培った技術を応用して、Aerotechは市場にある平面型エアベアリングプラットフォームで最も高度なPlanarHDXを開発しました。

動画を見る»

Motion Designer Tutorials

Aerotech’s Motion Designer is an easy to use software GUI for generating or importing motion trajectories, and running and then evaluating the trajectory. Motion Designer allows customers the ability to fabricate and run simulated trajectories by generating position, velocity, acceleration, and time profile points, and to download them to the motion controller.

動画を見る»

Highmarkが労働者開発に240万ドルを投資

ピッツバーグ地域ではかつてないほど就業者数が増加する一方で、退職間近のベビーブーム世代に代わる熟練労働者は不足しており、雇用者にとって深刻な問題になっています。 Aerotechの製造部門責任者Ashley Wellnerが、Bill Flanaganが司会を務める Our Region's Business でAerotechにおける就業チャンスについて語ります。

動画を見る»

モーションコントロールの基本: リニアステージの用語

3D空間におけるリニアステージの正確な位置決め機能に影響を与える要素は数多くあります。 精度と繰り返し精度の誤差に関しては、前回の「モーションの基本」シリーズで説明しました。 今回は他の5つの誤差(直線性、平坦性、ロール、ピッチ、ヨー)に焦点を絞ります。

動画を見る»

モーションコントロールの基本: 精度と繰り返し精度

オートメーション分野では、同じ意味で使われているのに、実はまったく違ったものを指す用語があります。 例えば「精度」と「繰り返し精度」。回転ステージまたはリニアステージを選択する際の最も重要な2つの仕様です。 モーションコントロールの基本に関するこの動画では精度と繰り返し精度の違いを説明し、リニアステージ移動との関連性をご覧いただきます。

動画を見る»

Photonics West 2014でAerotechがQ-シリーズピエゾナノポジショナーを紹介

Automation Systems Groupのマネージャー、Jim Johnstonは、Aerotechの新製品、QNPピエゾナノポジショナーとQLABピエゾコントローラを紹介します。 QNPステージは、コンパクトパッケージにサブナノメートル分解能とクラス最高の剛性、共振周波数を兼ね備えているため、干渉計、顕微鏡、精密アライメントなど、高性能でスペースに制約のある用途で理想的なソリューションです。

動画を見る»

CADFusion - コーディング不要

新しい制御アーキテクチャを学ぶのは大変です。 AerotechのCADFusionなら、AeroBasic™やGコードのプログラミングはマウスのボタンをクリックするのと同じくらい簡単です。 Aerotechのグラフィカル動作コマンドクリエーターを使えば、グラフィカルなモーションプロファイルを30分ほどで作成できます。しかもコーディングは必要ありません。

動画を見る»

ピエゾナノポジショナー

AerotechのQNPピエゾステージとQLABコントローラは、ナノメートル精度の位置決めを非常に簡単にします。 QLABコントローラは最新の使いやすいインターフェースを備え、ハイエンド機能を持つ多くの高度なツールを提供します。 QNPステージの高力学、サブナノメートル分解能、およびナノメートルレベルの直線性によって、精度を落とすことなくスループットプロセスを向上させます。

動画を見る»

高速ガルバノシステムの精度の向上

マイクロマシニングシステムの多くは、形状がミクロンレベルの部品製造に高精度のスキャナーが欠かせません。 こうしたシステムはミクロンレベル(またはそれ以上)の精度を備えるのが当然ですが、スキャナーの性能はこの精度に達していないことが多いのです。 このウェブキャストでは、全体的な誤差を減らすために最も重要なシステムレベルの検討事項を特定し、その一つひとつを最小限に抑える方法を明らかにします。

動画を見る»

スキャニングとサーボシステムを組み合わせた精度

リニアアクチュエータと回転アクチュエータは、スキャナー/ガルバノマーキングヘッドの有効作業域を拡大するのによく使われます。 このプレゼンテーションでは、アライメント、スケーリング、回転、およびスティッチによって引き起こされる誤差と、部品の最終的な品質に与える複合的な影響について説明します。 こうした誤差を最小限に抑えるのに役立つ高度な誤差補正、パス計画、およびレーザー発動技術についても言及します。

動画を見る»

Nmark AGV高分解能ガルバノスキャナー

AerotechのNmark AGV-HP高度なガルバノメーターには革新的な光学フィードバックテクノロジーが採用され、分解能は24ビットを超えます。 AGV-HPシリーズのスキャナーは、位置同期出力(PSO)やInfinite Field of View (IFOV)など一連の高度な応用ツールを備えたAerotechのNmark CLSガルバノコントローラで直接動作させることができます。

動画を見る»

マイクロ位置決めステージの実演

エバンストンのノースウェスタン大学で3月に開催されたICOMM 2012の期間中、雑誌「Cutting Tool Engineering」と「MICROmanufacturing」の電子メディア担当編集者Dennis Spaeth氏が、Aerotechの応用エンジニアStephen Maloneを訪問しました。

動画を見る»

角管曲げ、パイプ切断用モーションコントロールソフトウェア

四角形や矩形のパイプのレーザー切断には、円柱管とは異なる課題があります。 CNC切断プログラムでは、円柱管は既知のチューブ口径をもとに1つの平面として扱うことができます。 この動画では、Gコードポストプロセッサを使ったシンプルな2D CADファイルで生成されるモーションを実演しています。 CADファイルと既知のパイプ寸法から4軸の同期モーションが生成されます。

動画を見る»

ダイレクトドライブのパン/チルトジンバルマウント

高精度のパン/チルト ジンバル マウントは、位置決めに関するお客様からの最も厳しいご要望にも対応できるように設計されています。 ダイレクトドライブのジンバルは鏡やアンテナの高速かつ正確な動きを可能にし、またデュアルセンサーまたはデュアルレーザーを取り付けるように設定できます。

動画を見る»

高度なコントロール技術

Dr. Joseph A. Profeta III が、IMTS 2010のCutting Tool EngineeringブースでFast Track Seminarを行いました。 動画では、 運動誤差を最小限に抑えるための高度な制御技術とナノモーション技術について述べています。

動画を見る»